タイ

報酬0円のアフィリエイターがタイのチェンマイに3カ月滞在して手に入れたもの

タイ チェンマイ アフィリエイト 0円
マサユキ
マサユキ

アフィリエイトのサイト作成に集中するために、アフィリエイト報酬が0円の状態でタイ北部にあるチェンマイへ行き3カ月過ごしました。

この記事ではチェンマイで過ごした3カ月の中で手に入れた3つのものについて紹介しています。

アフィリエイトに取り組みながら思うような成果が出ない人は、ぜひこの記事を読んでみて下さい。

報酬0円アフィリエイターがタイのチェンマイへ行った理由

タイ チェンマイ アフィリエイト 理由

物価が安い

報酬0円というタイトルからも分かるように、お金がないことがタイのチェンマイへ行った最大の理由です。

タイの物価が安いことをチェンマイへ行った人から教えてもらい、少しでもお金を節約するためにタイのチェンマイへ行きました。

タイのバンコクではなくチェンマイを選んだ理由は、私がサイト作成のやり方を教えてもらっている勉強会の人たちがチェンマイでノマド的なことをやっていたという単純な理由です。

タイへ行く前は実家のある埼玉から北海道へ移住し、撮影旅行をしながらサラリーマン生活をしていましたが、その時に貯めた貯金の中から20万円を手にタイへ渡りました。

大好きなアラスカへ行くことも考えましたが、物価が高いので諦めました。

タイに3カ月間滞在しましたが、借りていたアパートの家賃から日々の食費やカフェ代、スマホの通信費や往復の航空券(約4万円)など、全て含めて17万円程で済みました。

タイ チェンマイ アフィリエイト アパートチェンマイで住んでいたアパート。家具もあり立派です。
タイ チェンマイ アフィリエイト アパート ヤモリ部屋にはたまにヤモリも遊びに来てくれるので、一人でも寂しくない

自分が逃げられない環境に身を置く

物価の安さに加えて、自分自身を逃げられない環境へ追い込むためにもチェンマイへ行きました。

アフィリエイトは基本的にパソコンに向い1日作業するので、周りに余計な刺激や誘惑がない環境が一番です。

自分は選択肢ができた時、とにかく楽な方へとすぐ逃げ出す意思の弱い人間です。

この意思の弱さは自分が一番よく理解しているので、実家の快適な環境の中で仕事をするのはもちろん、国内の中途半端な場所に居てもすぐに辛くなり逃げ出してしまうと思い、自分の全く知らない土地へ行こうと考えました。

海外の開放的な雰囲気の中に入ると絶対に撮影旅行へ出かけてしまうので、大好きなカメラは持って行きませんでした(スマホでは撮ってしまいました…)

結果的にチェンマイに滞在していた3カ月間は、ひたすらカフェ巡りをしながらアフィリエイトのサイト作成に集中することができました。

タイ チェンマイ アフィリエイト カフェ 仕事ひたすらカフェを巡り仕事

希望のライフスタイルを擬似体験

私がアフィリエイトのサイト作成をやる目的は、このサイトのタイトルにもした「お金、時間、場所に縛られず、自分が興味のある世界を放浪しながら写真を撮り続けるphotoroamerになること」です。

→photoroamerとは?

アフィリエイトは多くの時間をパソコンの前で過ごしますが、この生活を続けていると自分は何のためにパソコンの前で作業しているのか本来の目的が分からなくなり、作業を続けるモチベーションも維持できなくなります。

そのため「アフィリエイトが軌道に乗れば世界で自由に仕事をしながら撮影を続けられる!」という希望のライフスタイルを擬似体験をするためにも、日本では味わえない非日常を体験できるタイのチェンマイへ行きました。

報酬0円アフィリエイターがタイのチェンマイに3カ月滞在して手に入れたもの

タイ チェンマイ アフィリエイト

先に結論から言うと、タイのチェンマイに滞在していた3カ月の間にアフィリエイトによる報酬は1円も手に入れることはできませんでした。

しかし、アフィリエイトを続けていく上で大切なものをチェンマイ滞在中に手に入れることができました。

アフィリエイトを続ける決意

アフィリエイトのサイト作成を続けていると、様々な不安が襲ってきます。

  • 自分のやり方で本当に合っているのか?
  • 本当にこのままの生活を続けていいのか?
  • サラリーマン生活の方が安定して良いのでは?
  • このまま作業を続けても1円も報酬が発生しないかも

特にタイへ渡った時は報酬が0円の状態だったので、30代を過ぎた自分の将来について考えると大きな不安に襲われました。

タイへ行く前も毎日パソコンに向い作業をしていましたが、「報酬が発生して自由に撮影旅行に行けたらいいなー」という漠然としたイメージを持ちながらサイト作成を続けていました。

しかし、チェンマイへ来てからは目の前の景色を見ながら「報酬が発生すれば、こういう街を自由に撮影しながら旅行できる」という、よりリアルなイメージを持ちながら仕事に取り組めるようになり、自分のやっていることが将来の自分のやりたいにことに結びついていることを実感することで、アフィリエイトを続ける不安が少しずつ小さくなっていきました。

また、タイという日本と離れた非日常の世界でもパソコンとネット回線さえあれば日本と同じように仕事ができることを身をもって体験し、このアフィリエイトの仕事を一生の仕事にする決意ができました。

アフィリエイトで報酬を得る基礎

報酬が全く発生していない事実に気づき呆然とした帰国直前の1週間以外は、ほぼ毎日10記事以上の記事を書いていました。

記事数をこなしていく中で何となく記事の書き方が分かり始め、いつもより記事が多く書けた時は何とも言えない充実感がありました。

結果的にタイに滞在中は1円も報酬を得ることはできませんでしたが、タイで作成したサイトから日本へ帰国した2カ月後に初報酬が発生。

タイ チェンマイ アフィリエイト 初報酬記念すべき初報酬!でしたが承認されず…

その後もそのサイトの報酬は伸び続け、タイで作成したサイトにより何とかアフィリエイトだけで生活できる基礎を築くことができました。

悩む順番の優先順位

これは人によって考え方も違うため一概に言えませんが、自分のような意思の弱い人間は「悩む→行動→悩む」ではなく「行動→行動→悩む」の方が物事がうまくいき、後悔することも少ないことをタイで過ごした3カ月間で学びました。

計画性がない事と紙一重のような気もしますが、何かを始める前から悩んでいても問題は1mmも前に進みません。

囲碁のプロ棋士が長考の末「今日の蛤は重い」と嘆くほどではありませんが、アフィリエイトを始めた頃は何を書けばいいのか本当に分からず、キーボードの前で手が震えたこともあります。

そんな時も記事の中身はどうあれ、ひとまずキーボードを叩き続けることだけを意識して続けていけば、気づいた時には何となく記事の書き方も身についてくるもです。

今回のタイ行きも色々と悩み考えた末に計画をしていれば、様々なリスクや不安から実家でサイト作成を続けていたと思いますし、その選択をした時には今のような報酬結果にも結びつかなかったと思います。

慎重に準備し悩む事はもちろん大切ですが、まずは行動してみることの大切さをタイのチェンマイで教えてもらました。

まとめ

チェンマイで過ごした3カ月の中で手に入れた3つのものについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

チェンマイへ行き実際の報酬は1円も手に入りませんでしたが、アフィリエイトで報酬を得るための様々な土台を手に入れることができました。

アフィリエイトに取り組んでいる人の中で、思うような成果をあげられていない人は、思い切って自分の知らない土地でアフィリエイトに専念するのも一つの選択肢かもしれません。

この記事がアフィリエイトで思うような成果の出ていない人の少しでも参考になれば幸いです。