Google

Xサーバー向け|Googleアドセンス”要注意-収益に〜”の解決法

マサユキ
マサユキ

Googleアドセンスの管理画面に出ている警告文”要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください”

そのまま放置するのも嫌なので私が利用しているエックスサーバーでの解決方法を紹介します。

Googleアドセンスの警告文”収益に重大な〜”は何?

警告文の横には詳細を確認するボタンがあり次のようなことが書かれています。

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB Tech Lab によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

引用:広告在庫の管理 ads.txt に関するガイド

すいません、何を言っているのか全く分かりません…

「自分がサイト内で出している広告は私が出してますよ」という証明をするためのものでしょうか。

何はともあれ警告文が出たままなのは嫌なので対応していきましょう。

Xサーバー向け|Googleアドセンスの警告文”収益に重大な〜”の解決法

エックスサーバー利用者がGoogleアドセンスの警告文”収益に重大な〜”の問題を解決する時はGoogleアドセンスとエックスサーバーのそれぞれで処理を進めていきます。

1.Googleアドセンスで「パブリッシャー ID」を調べる

Googleアドセンスの管理画面に出ている警告文横の「今すぐ修正」を選択。

問題が出ているサイト一覧の下にある「ダウンロード」を選択。

Google.com,pub-・・・・というテキストファイルがダウンロードされたGoogleアドセンス側での処理は終了。

2.エックスサーバー側の処理

エックスサーバーへログインしサーバー管理ページ内にある「ads.txt設定」を選択。

エックスサーバーに登録しているサイトのドメイン一覧が出てくるので警告文の問題を修正したいサイトを選択。

ads.txt設定の画面が出てくるので真ん中の「ads.txt設定追加」を選択。

先ほどGoogleアドセンスでダウンロードしたテキストを参考にそれぞれの項目に入力。

【ads.txt設定追加】入力項目
広告システム google.com
サイト運営者ID ※1 pub-〇〇〇〇〇〇
契約種別 自分のサイトは「DIRECT」
認証機関ID ※2 f08c47fec0942fa0
※1※2はGoogleアドセンスでダウンロードしたテキスト内容をコピペ

全ての項目を入力した後は「確認画面へ進む」を選択し入力内容に問題なければ「追加する」を選択。

完了画面が出たら全ての修正手続きは終了。

1サイトの修正を終えると入力項目に合わせるだけで先ほど入力したデータが自動で出てくるようになります。

エックスサーバーで複数サイトを管理している人も修正サイトを切り替えるだけで手間なく全サイトのads.txt設定をすることができます。

マサユキ
マサユキ

修正データが反映されるまで時間がかかるようですが、私の場合は午前10時過ぎに修正し翌朝8時頃(約22時間後)には警告文が消えていました。