北海道

【2020北海道旅行 6日目】札幌ー新千歳空港ー羽田空港

2020北海道旅行 6日目

北海道旅行1日目

北海道旅行2日目

北海道旅行3日目

北海道旅行4日目

北海道旅行5日目

プレミアホテル中島公園札幌で朝食

北海道旅行最終日は初日に泊まったプレミアホテル中島公園札幌の朝食からスタート。

初日に宿泊した時と同じように前日に朝食時間を申請するシステムだったので、朝1番の時間で申請した7時頃に朝食会場へ。

プレミアホテル中島公園札幌 朝食会場

初日にいた同じスタッフの方に席へ案内してもらいましたが、朝一だったので誰も朝食会場にはいませんでした。

プレミアホテル中島公園札幌 朝食会場 1番

初日はご飯にしたので今回はパンをお願いしましたが、パンがサクサクになるまでトースターで焼いてくれました。

プレミアホテル中島公園札幌 朝食メニュー

おかずは初日と同じでしたがおいしかったので大満足。

食後はコーヒーサーバーのカフェラテを頂きデザートを待機。

プレミアホテル中島公園札幌 朝食 カフェラテ

初日はティラミスだったなーとドキドキしながら待っていると今回はフワフワのチーズケーキとフルーツ。

プレミアホテル中島公園札幌 朝食 デザート

ケーキもフルーツも美味しく頂きました。

甘いものを食べているだけで幸せです。

マサユキ
マサユキ

初日のティラミスもおいしかったです。

プレミアホテル札幌中島公園 朝食 デザート

朝食会場に来ている人を見ているとコロナ対策で全ての人が対面にならない座席配置になっています。

プレミアホテル中島公園札幌 朝食会場 コロナ対策

朝食後は部屋に戻り帯広の人からもらった段ボールに六花亭で買ったお土産や小型三脚、衣類など郵送するものをパッキング。

全ての準備を終えて朝食会場の入り口でもらったコーヒーを飲もうとしたところ蓋が閉まっておらずコーヒーがズボンに。

プレミアホテル中島公園札幌 コーヒーこぼす写真を撮ってる場合ではないですね…

コーヒーを入れてから時間が経っていたのでそれほど熱くありませんでしたが、送る荷物に入れたズボンを取り出し着替え。

マサユキ
マサユキ

よくこういう失敗をやります…

フロントでチェックアウトの手続きをして北海道の快適なホテル生活とお別れしました。

千歳郵便局でお土産発送

公式サイト:千歳郵便局

ホテルを出た後はお昼のフライトまで時間がありますが新千歳空港へ向けて出発。

大きな渋滞もなく空港へ行く途中にある千歳郵便局で荷物の発送をお願いします。

千歳郵便局は札幌から新千歳空港へ行く途中の手前5km程の場所にあるので荷物を送る時に便利です。

 

普段からそういう接客なのかたまたま機嫌が悪かったのか分かりませんが、私の前で接客している受付けの人の態度がかなりキツイ人でビックリ。

私の前に並んでいた80代くらいの女性が荷物の送り方が分からずその受付けの人に聞いているようでしたが、威圧的な態度で説明しているので説明を受けている女性の方も困った表情をしていました。

私は順番で隣りの受付けの人へ荷物の発送をお願いすることになりましたが、その人は逆にかなり丁寧な接客の人でした。

 

私が10回以上の転職を繰り返した中にはカメラ屋さんやコンビニなどの接客業もありましたが、いきなり怒鳴ってくる横柄な態度の人や理不尽な文句を言ってくる人など、様々なお客さんがいました。

接客業をしている人も人間なので横柄な態度をされたり理不尽なことを言われた時は腹が立つのも自然なことですし、私自身も「お客様は神様」とは考えていなかったので、どうしてもおかしいと思ったお客さんに対しては自分の意見を伝えるようにしていました。

それが良いことなのかどうかは別にして、私の態度を見た人の中には態度の悪い店員と思った人も間違いなくいたでしょうし、その人は私が働いていたお店に対して良くない印象を抱いたかもしれません。

「店員の振る舞い=お店の印象」

郵便局の受付けの人の態度を見ながら接客業をしていた当時のことを思い出しつつ、新千歳空港へ向かいました。

オリックスレンタカー新千歳空港店

今回の北海道旅行で6日間お世話になったレンタカーのヴェゼルハイブリッドを返却。

6日間の合計走行距離は1,074kmでした。

出発時

レンタカー 出発時距離

返却時

2020北海道旅行 レンタカー 6日目返却時

今回はJALのパッケージプランにレンタカーをオプションで付けており燃料は満タンにして返さないでOK。

そのため給油は北海道旅行2日目に斜里町で入れた1回だけで、ちょっと得した気分になります。

ヴェゼルハイブリッドは車高も高いため運転時の視野も広く(サイド・後方は少し見にくい)、6日間で1,000km以上の長距離運転も無理なくできる素晴らしい車でした。

マサユキ
マサユキ

欲しい…

オリックスレンタカー新千歳空港店の返却場所へ。

2020北海道旅行 オリックスレンタカー 返却場所

車を返却場所に入れると係の人が来て外装の傷などをチェックしてくれるので、その間は待合室で待機します。

2020北海道旅行 オリックスレンタカー 返却時チェック

レンタカをー借りて出発する時はバタバタして待合室の中をよく見ませんでしたが、北海道で車を運転する時の注意点やおすすめスポットの情報がスタッフの手作りパネルで詳しく紹介されています。

2020北海道旅行 オリックスレンタカー 待合室 パネル1
2020北海道旅行 オリックスレンタカー 待合室 パネル2かなりの力作

パンフレットや無料WiFiも設置されています。

2020北海道旅行 オリックスレンタカー 待合室 パンフレット 2020北海道旅行 オリックスレンタカー 待合室 無料WiFi
マサユキ
マサユキ

いきなりレンタカーに乗って出発するのもいいですが、出発前に待合室の中で情報収集してから出発することで思わぬお得情報を得られるかもしれません。

特にレンタカーの異常はなかったので空港行きの送迎バスに乗り新千歳空港へ向かいます。

2020北海道旅行 オリックスレンタカー 空港送迎バス

新千歳空港

10:30過ぎに新千歳空港へ到着。

新千歳空港 到着

フライトの13:00までは2時間以上ありますが、新千歳空港をゆっくり見たことがなかったので空港内を色々とチェックして回りました。

スーパーラウンジ

新千歳空港 スーパーラウンジ

まずは新千歳空港内の3Fにあるスーパーラウンジへ。

何年前に利用したのか覚えていないくらい昔に1度利用しただけなのでほとんど記憶はありませんが、多くの人がくつろぎながらフライトの時間を待っていました。

新千歳空港 スーパーラウンジ ソファー

ラウンジ内の様子を30分程撮影しながら軽く休憩。

新千歳空港 スーパーラウンジ 景色 新千歳空港 スーパーラウンジ ドリンクバー

人も多くなってきた11時過ぎにラウンジを後にしました。

展望デッキ

新千歳空港 展望デッキ

スーパーラウンジのすぐ横にある展望デッキものぞいてみました。

窓から飛行機を見ている人はいましたがこの日は雨だったので階段を登った先にある展望デッキには上がらず引き返しました。

新千歳空港 展望デッキ 見物人

エアポートヒストリーミュージアム

新千歳空港 エアポートヒストリーミュージアム 外観

展望デッキの横にあるエアポートヒストリーミュージアムにも流れで寄ってみました。

ミュージアムの中は新千歳空港の歴史に始まり歴代の飛行機模型や客室乗務員の制服などが綺麗に飾られており、楽しみながら飛行機や航空業界の歴史について学べるミュージアムになっています。

エアポートヒストリーミュージアム 飛行機模型 エアポートヒストリーミュージアム 客室乗務員 制服
エアポートヒストリーミュージアム 客室乗務員 バッグ1960年代のJALのフライトバッグ
エアポートヒストリーミュージアム エアポートシアター真剣にエアポートシアターを見ている人も

扉もなく誰でも自由に出入りできるので気軽に立ち寄ることができます。

フードコート

新千歳空港 フードコート

エアポートヒストリーミュージアムのすぐ裏が大きなフードコートになっており、お昼に近ずいたことから多くの人がお昼を食べていました。

新千歳空港 フードコート 座席

ウドンやラーメン、ハンバーガーからジンギスカンまで色々なお店が入っているので好きな食事を楽しむことができます。

新千歳空港 フードコート テナント

大空ミュージアム

新千歳空港 大空ミュージアム

フードコートの延長線上に青色の空間が目を引く大空ミュージアムがあります。

新千歳空港 大空ミュージアム 全景

私が行った時はほとんど人がいませんでしたが、なぜ人がいないのか不思議なほど充実した展示内容でした。

展示物には普段見られない飛行機の裏側や体験型のものが多くあるので子供はもちろん、大人でも楽しむことができます。

新千歳空港 大空ミュージアム 飛行機 荷物入れ 新千歳空港 大空ミュージアム フライトシミュレーター 新千歳空港 大空ミュージアム 配膳台 新千歳空港 大空ミュージアム 紙飛行機

 

マサユキ
マサユキ

先ほど行ったエアポートヒストリーミュージアムと大空ミュージアムをチェックすれば飛行機や航空業界についてかなり深く学べると思います(無料で)
今はコロナの影響で利用できない体験型の展示物もあるので利用する時は注意して下さい。

新千歳空港 大空ミュージアム コロナ 利用不可1 新千歳空港 大空ミュージアム コロナ 利用不可2

新千歳空港のガチャガチャ

アラフォーですが、こういうのを見るといまだにやってしまいます…

新千歳空港 ガチャガチャ

私が子供の頃はほとんどが100円のガチャガチャでしたが、今は普通に300円のガチャガチャも置いてます(子供にねだられるお父さん・お母さんも大変)

周囲のやや冷たい視線を感じつつガチャガチャ。

新千歳空港 ガチャガチャ クマ

お酒を飲んでサケを枕にしているクマが出ました(笑)

思っていたよりクオリティーの高いクマでビックリしましたが、こういうのを考えて形にする人は凄いと感心しながら家のクマコレクションに新たな1頭加わりテンションが上がります。

イシヤカフェ 新千歳空港店

イシヤカフェ 新千歳空港 外観

ガチャガチャでテンションが上がり小腹が空いたので軽く食べれるお店を探しているとガチャガチャの向かいにイシヤカフェを発見。

帯広で北海道を代表する六花亭は頂きましたが、もう一つの白い恋人を食べていないことに気付き入ることに。

イシヤカフェ 新千歳空港 メニュー

店内は落ち着いた雰囲気のカフェで私の好きな感じです。

イシヤカフェ 新千歳空港 店舗内

店員さんもみんなキビキビ動いていおり、見ていて気持ちがいいです。

注文を聞きにきた店員の方がお水を置いていきましたが、イシヤカフェはコップもなんかオシャレです(気のせいでしょうか?イシヤカフェの雰囲気に飲まれているんでしょうか?)

イシヤカフェ 新千歳空港 水

5分ほどすると注文した白い恋人ブレンドコーヒーが到着。

イシヤカフェ 新千歳空港 料理

コーヒーには白い恋人が1枚付いているので得した気分です。

今回の北海道旅行で初めて白い恋人を食べましたが安定の美味しさで甘党の私は何枚でも食べられそうです。

二日酔いだったクマにもコーヒーをあげました。

イシヤカフェ 新千歳空港 クマ

コーヒーを飲み終えレジに向かうと甘党の人には夢のようなチョコレートの滝があります。

イシヤカフェ 新千歳空港 チョコレートの滝

滝を眺めていると感じの良い店員さんが「新千歳空港でしか売ってないチョコレートもあるんですよ♪」なんて笑顔で言うので、単純な私はすぐに買ってしまう「いいカモ」です。

イシヤカフェ 新千歳空港 チョコレート お土産

カモになりましたがチョコレートはどれもおいしく、特に塩の入った”Rich Milk Salt”がチョコの甘さと塩のしょっぱさが面白くおいしく頂きました。

公式サイト:イシヤカフェ

空港チェックイン(JALタッチ&ゴー)の撮影

イシヤカフェで心も小腹も満たされ3Fから国内線出発フロアの2Fへ。

新千歳空港 3Fから2F

3Fから見ているとそれほど感じませんでしたが、2Fから上を見上げると新千歳空港が吹き抜けで開放感のある空港だと感じます。

新千歳空港3F

新千歳空港 3F眺め

新千歳空港2F

新千歳空港 2F眺め

預ける手荷物はないのでスルー。

新千歳空港 手荷物預け

北海道へ来る時に羽田空港でやる予定だったチェックインの方法を新千歳空港で撮影。

新千歳空港 チェックイン 新千歳空港 チェックイン やり方

撮影が終わり手荷物検査を終えた後は羽田空港へ向かいました。

新千歳空港 上空
マサユキ
マサユキ

新千歳空港。
また利用させてもらいます。

羽田空港 パワーラウンジセントラルの撮影

パワーラウンジセントラル 外観

羽田空港到着後、いつもはすぐに空港バス乗り場へ向かいますが、この日は羽田空港のパワーラウンジセントラルの撮影。

座席数がそれほど多くないためラウンジ内は満席。

パワーラウンジセントラル 入り口行列ができていました

少し待ってからラウンジ内だけ簡単に撮影させてもらい今回の撮影は終了に。

パワーラウンジセントラル 館内 パワーラウンジセントラル ドリンクバー
羽田空港 パワーラウンジ
羽田空港の第一ターミナルにあるパワーラウンジが快適だった話し 羽田空港のパワーラウンジとは? パワーラウンジは羽田空港にあるカード会社と提携して運営されているラウンジで、フリードリンクや軽食な...

空港バスで帰宅

今回の北海道旅行の全ての予定を終えて自宅へ帰宅するため空港バスの乗車券売り場へ。

羽田空港 高速バス チケット売り場

バスの出発時間を見ると3分後に出発することが分かり急いでチケットを購入。

走ってバス乗り場へ行き何とか間に合いました。

羽田空港 高速バス バス乗り場

首都高では毎度の渋滞に巻き込まれます。

羽田空港 高速バス 渋滞

多少到着は遅れましたが事故もなく無事に自宅へ帰り着くことができました。

2020北海道旅行の振り返り

コロナウィルスの影響が広がる中、9ヶ月ぶりに飛行機を使った旅行となる今回の北海道旅行。

空港や街中の人は少ないと感じたものの北こぶし知床ホテル&リゾートをはじめ宿泊したホテルには多くの人が訪れており、少しずつ人の動きが出ていることも実感しました。

残念ながら今回もクマには出会えませんでしたが1年ぶりに再開できた人や素敵なホテルでの宿泊体験など、本当に楽しく充実した北海道旅行となりました。

 

一方、野生動物の撮影ではホテルのレビュー撮影と両立することの限界を感じ、自分がこのサイトを立ち上げたきっかけである

「お金、時間、場所に縛られず、自分が興味のある世界をカメラと共に放浪し続けたい」

を見直す機会にもなりました。

自分が一番撮りたいものは写真を始めるきっかけになったアラスカで出会った「自然」や「野生動物」です。

今回の旅行中に北海道の雄大な自然や野生動物に触れる中でそのことを思い出せたのは大きな収穫で、自分の住む場所の見直しを含めて自然や野生動物の撮影にかける時間をもっと増やそうと思いました。

 

私はプロの写真家を目指しているわけではないので写真自体を収益化することはあまり考えおらず、今後もサイト運営で生み出した収益で撮影を続けていきます。

そのためフォトロマ内にあるガジェットやホテルのレビュー撮影は続けていきますがフォトロマ自体が何のサイトか分からなくなってきた面もあるので、記事を別サイトへ移行することも含めてフォトロマの作りを見直したいと思います。

 

細かいことをつらつらと書きましたがそんなことは抜きにして

「写真を撮るのはやっぱり楽しい!」

そのことに改めて気づかせてくれた2020年の北海道旅行でした。

マサユキ
マサユキ

GoToトラベルキャンペーンでかなりお得に行けた今回の北海道旅行。
今後は少しずつ貯まってきたJALのマイルやキャンペーンを利用しつつ、3密を避ける点からも人の少ない自然や野生動物の撮影に力を入れていきたいと思います。

北海道旅行1日目

北海道旅行2日目

北海道旅行3日目

北海道旅行4日目

北海道旅行5日目