Wordpress

【WPテーマ「JIN(ジン)」レビュー】1週間利用して分かったメリットとデメリット

JIN 1週間 レビュー
マサユキ
マサユキ

私がいつもチェックしているサイトデザインがリニューアルされ、使われているwordpressテーマを調べてみると「JIN(ジン)」というテーマであることが分かり早速購入。

この記事では、wordpressテーマ「JIN(ジン)」を購入後、1週間という短い期間ですが利用して感じたメリットとデメリットについて紹介しています。

wordpressテーマJINの利用を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

ワードプレステーマ「JIN(ジン)」のメリット

サイトデザインがオシャレ

JINの一番の魅力として、購入するきっかけになったデザインの素晴らしさがあります。

デザインの好みは人それぞれですが、サイトを作る側だけでなく、読み手のことも考えられたシンプルなデザインが気に入っています。

まだ購入して1週間なのでデザインも仕掛中ですが、JINで自分が満足のいくデザインのサイトが作れそうです。

私はデザインセンスやプログラミング言語などの専門知識が全くないので、簡単にオシャレなデザインのサイトが作れるのは大きなメリットです。

デザインの着せ替えができる

オシャレなデザインのJINですが、サイト全体のデザインも簡単に変えることができます。

完成されたサンプルサイトを簡単に確認できるので、自分の好きなサイトデザインへ簡単に変更することができます。

JIN デモ一覧「JIN HP」より

※2019.6.13現在、11種類のデザインが用意されています。

JINのデモ一覧はコチラ

デザインの変更もダウンロードしたファイルをインポートするだけなので、専門知識がない人も簡単に行うことができます。

JINのデザインを着せ替え(デザインインポート)する方法 

1つのテーマを購入するだけで複数のデザインを利用できるのも、JINの大きなメリットだと思います。



充実の機能

JINは操作が直感的で簡単なのに、サイトで利用できる機能は充実しています。

サイト内にある記事のURLを入れるだけで、下のようなブログカードなども簡単に作れます。

wordpressで画像をアップロードできないHTTPエラーの解決方法wordpressで画像のアップロードができない「HTTPエラー」を解決するためにやったエックスサーバのphp.ini設定の変更方法を紹介します。 wordpressでHTTPエラーにより画像をアップロードできずに困っている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。...

特にお気に入りの機能がサイトのトップページに入れられる「ピックアップコンテンツ」と「インフォメーションバー」です。

JIN ピックアップコンテンツ インフォメーションバー

自分がアピールしたいコンテンツを画像入りで紹介できるので、サイトの印象が大きく変わりました。

ピックアップコンテンツは文字の有無やスライド式など、複数のデザインが用意されているので、自分が気に入ったものを利用することができます。

JIN ピックアップコンテンツ 種類「JIN HP」より

マニュアル ・O&Aが豊富

ワードプレスでサイト作成を行なっていると、誰もが分からないことにぶつかります。

ネットで解決策を調べることもできますが、ネット上では情報源の問題やワードプレスのテーマによって操作方法も大きく異なるので、問題が解決できない事もしばしばあります。

JINではかなり細かいマニュアルが用意されているので、サイトを利用する中で分からないことの多くはマニュアルを見ながら解決することができます。

JINマニュアル

実際にJINを利用していいる人から寄せられたQ&Aなども詳しく紹介されているので、利用する中でぶつかる疑問も解決しやすくなっています。

よくある質問

どうしても解決できない問題に関しては「JINフォーラム」から相談できるようです。

JINフォーラム

いざという時に相談できる場所があることも、JINの大きなメリットだと思います。



「JIN(ジン)」のメリット(番外編)

一般の利用者はそれほど感じないかもしれませんが、私が小躍りして喜んだ機能を紹介します。

写真に縁が入れられる

このサイトはギャラリーも含めて写真を多く利用しているので、写真に縁を簡単に入れられる機能が嬉しかったです。

下の写真は縁ありと縁なしの写真を比較したものですが、いかがでしょうか?違いが分かるでしょうか?

縁あり

縁なし

あまり違いが分からないという声が聞こえてきそうですが、縁があることで写真がサイト内で際立つようになるので、個人的にはとても気に入っている機能です。

写真の縁は画面上部にあるツールバーの「ショートコード」から簡単に入れることができます。

JIN 写真 縁あり
マサユキ
マサユキ

先ほどの画像を2つに並べる機能も同じようにショートコードで作成したものです。写真を並べるようなことも、簡単そうで意外と難しいので、かゆいところに手が届く助かる機能です。



ワードプレステーマ「JIN(ジン)」のデメリット

正直、1週間利用した中でJINのデメリットはあまり感じませんでした(利用期間が短すぎますね、、、)

強いて挙げるなら、他のテーマでも言えることですが操作に慣れるまでは大変そうです。

JINはできることが多くある分、使いこなすには時間がかかるかもしれません。

ただし、他のワードプレステーマに比べて直感的に操作できますし、私はJINのテーマ制作(プログラミング)を担当した赤石カズヤさん(@cps_kazuya)が作ったワードプレステーマ「ATLAS(アトラス)」も利用していたので、何となく操作性が似ていて利用しやすかったです。

※「ATLAS(アトラス)」は2018年に販売が終了したようです。残念。

値段が14,800円と他のワードプレステーマに比べて若干高い点がデメリットとも言えますが、メリットでも紹介したように1つのテーマで複数のサイトデザインを利用できるなど、値段以上の価値は十分にあると思います(JINの回し者ではありません、、、)

まとめ

ワードプレステーマJINを1週間利用して感じたメリットとデメリットについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

趣味サイトやアフィリエイト、自己ブランディングなど、サイトを作りの目的は人それぞれ異なりますが、どのようなサイトを作る時にもJINはデザインも含めて利用しやすいワードプレステーマだと思います。

1週間という短期間では分からないことも多くあるので、半年後くらいにもう一度JINのレビューを紹介したいと思います。

ワードプレステーマJINを詳しく知りたい人や購入したい人は、JINの公式サイトをチェックしてみて下さい。

サイトで利用できる機能が画像や動画を交えながら詳しく紹介されています。

JINをうまく利用しながら自分に合ったサイトを作りをしてみて下さい。

JIN TOP

JIN公式サイト