ガジェット

MacBook Pro13インチ開封|価格・スペックや15インチ比較

マサユキ
マサユキ

7年間利用したMacBook Pro15インチ(2012)から新しく買い換えたMacBook Pro 13インチ(2020)

新しいMacBook Pro13インチに買い換えた理由や開封レビューの様子を今まで利用していたMacBook Pro15インチとの比較を交えながら紹介します。

MacBook Pro15からMacBook Pro13に買い換えた理由

2013年7月に購入して以来、7年間ほぼ毎日のように使ってきたMacBook Pro15インチ(2012)ですが、長年使う中で原因は分かりませんがモニター表面が剥がれた状態(Retinaディスプレイ)になりました。

原因は手の油?よごれ?

パソコンの電源を入れモニターが明るくなればそれほど気にならないのでそのまま利用していましたが、次第にモニターが剥がれた部分を長時間見ていると目がチカチカするようになりました。

7年間使い続けた純正バッテリーの寿命もきていたようで、バッテリーステータスに「修理サービス推奨」と不吉なメッセージも出るように…

肝心の充電器も毎日使う中で付け根の部分が弱くなり絶縁テープで補強しないと充電できない状態になりました。

バッテリー本体の劣化からパソコンを2〜3時間利用してるとバッテリー残量が0%になるため、外出時は昔のMagsafeにも対応し36,000mAhあるMAXOAKの大型ポータブルバッテリーを常に持ち歩きながら外出していました。

MAXOAKのポータブルバッテリーはMacBook Pro15インチを約1.5回フル充電できたのでバッテリー残量を何とか騙しながら使い続けましたが、1日外で仕事をする時はバッテリーが足りずMAXOAKのポータブルバッテリーを2つ持ち出して仕事をしていました。

2つのポータブルバッテリーを使えばバッテリー問題は解決できますがポータブルバッテリー1つの重さは約1kgで2つ持ち出すと約2kgの重さに…

約2kgあるMacBook Pro15本体を加えた約4kgの荷物を常に持ち運ぶことになり、気軽にパソコンを持ち出して仕事をすることができませんでした。

買い替えを考え始めた2020年7月時点でAppleが自社製のAppleシリコンを年内に販売する噂も出ていたのでもう少し待とうか悩みましたが

「Apple製品は欲しいと思った時が買い時」

というよく分からない自分の中で決めたルールに従い、10年間は使おうと思っていたMacBook Pro15インチを7年で買い換えることにしました。



購入したMacBook Pro13の開封・価格・スペック紹介

MacBook Pro16インチと13インチのどちらを買うか最後まで悩みましたが、手元にあるMacBook Pro15インチは壊れたわけではなく電源に繋いでいればデスクトップパソコン代わりに使えると思い、外出用にちょうどいい13インチのMacBook Proを購入することにしました。

私が購入したMacBook Pro13インチの価格やスペックがこちら。

  • 価格:251,680円
  • 色:スペースグレー
  • プロセッサ:第10世代2.3GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ
  • 内蔵メモリー:16GB
  • ストレージ:1TB SSDストレージ
  • キーボード:日本語(JIS)
マサユキ
マサユキ

多くの人がMacBook Proの詳しい開封レビューをしているので開封はサクッと紹介します。

箱の内容物はこちら。

いつものようにApple製品はシンプルな内容物ですが、今まで利用していたMacBook Pro15(2012)は当時1色しかなかったシルバーだったので、今回初めて実物を見たスペースグレーは渋くてカッコいい色だと感じました。

また今更ですがTouch Barも初めて見たので時代がずいぶん進んでいることを痛感…

USB-Cを実装したパソコンも今回のMacBook Pro13インチが初めてだったので

マサユキ
マサユキ

これが噂のUSB-Cか。思ったよりコードが太いな…

こんな浦島太郎状態の感想を開封時に感じていました。



MacBook Pro 13インチ概要(重さ・サイズ)

MacBook Pro13の重さ

MacBook Pro13インチ本体の重さが約1.4kg。

私の中でノートパソコンを使う時の必需品になったノートパソコンスタンドONED Majextandを装着しても約1.5kg。

ノートパソコンスタンドONED Majextandの開封・利用レビューノートパソコンスタンドONED Majextandの開封から取り付け・利用方法を紹介しています。...

今まで利用していた2kgを超えるMacBook Pro15インチに比べて500g程軽くなったので持ち出す時も楽になりました。

純正のバッテリーは基本的に持ち出しませんが15インチの物に比べて13インチのものは一回り小さくなっており、バッテリー本体とケーブルが独立しているのでケーブルがダメになった時は買い換えられるのがgood!(magsafeじゃなくなったのはちょっと残念…)

MacBook Pro15インチでは300gを超えていたバッテリーの重さもMacBook Pro13インチではコードを入れても250g程とコンパクトになっています。

MacBook Pro15インチ バッテリー / 317g

MacBook Pro13インチ バッテリー(本体のみ) / 204g

MacBook Pro13インチ バッテリー(ケーブルあり)/ 264g

MacBook Pro13の大きさ

MacBook Pro13インチのサイズは縦20cm×横30cmの片手で持ち運べるちょうどいいサイズです。

MacBook Pro15インチと比べると一回り小さいことが分かります。

サイズが一回り小さくなったことで外出先でパソコンを利用する時に小さなテーブルではパソコンしか置けなかったMacBook Pro15インチですが、13インチのMacBook Proではパソコンの横にコーヒーを置く余裕もあります。

MacBook Pro15インチ

MacBook Pro13インチ

※違うテーブルの比較ですが横幅はほぼ同じです。

マサユキ
マサユキ

MacBook Proの13インチと15インチの重さは500g程の差ですが、横幅の違いから15インチは片手で持った時に落としそうな不安を感じますが、13インチはちょうどいいサイズ感から無理なく片手で持つことができます。

まとめ

新しく購入したMacBook Pro 13インチ(2020)に買い換えた理由や開封レビューの様子をMacBook Pro15インチとの比較を交えながら紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

手にした時点で所有感を満たしてくれるMacBook Proですが、これからは外出時の仕事のパートナーとして長く付き合っていきたいと思います。

実際に1ヶ月、3ヶ月、半年と利用する中で感じた良い点や不満点なども紹介していきます。