日本一周

【車中泊で日本一周ひとり旅36日目】千葉県の海ほたるに車中泊

1分ショート動画

マサユキ
マサユキ

前回の旅から半年以上経った【車中泊で日本一周ひとり旅】
久々の車中泊旅は千葉県からスタート。

ニトリで棚を購入

ギックリ腰後に始めてやる車中泊となるため今まで斜めで適当に寝ていたスタイルから真っ直ぐ寝られるようシートアレンジを変更。

そのため車内のレイアウトが旅へ出発したにも関わらずイマイチ決まっておらずニトリで追加の棚を購入。

今回の旅から新しい車内に設置したテーブルの下にニトリの棚を2つ入れ何となく良い感じに。

実際に車中泊で寝てみるまでは不足するものや余計なものが分かりません。

GoProを車内の新しい場所に設置

車載動画を撮影するため今まで車内の前方に付けていたGoPro。

直射日光が当たり高温で動画が停止してしまうことがありました。

今回はナビを開けた状態にすることでできたスペースにゴープロを挟み撮影することに。

ナビを開けたままにしておくと画面は見えなくなりますがスマホをナビ代わりに使っているので気にせず開けたままに。

この位置だと直射日光が当たらず途中で電源が消えることもなく、手の届く範囲にGoProがあるので気軽にスイッチをON/OFFにできるのも嬉しいポイントです。

道の駅やちよで昼食

お昼を過ぎたので国道16号線沿いにある道の駅やちよで昼食を食べることに。

レストランで醤油ラーメンを注文すると千葉の特産を使ったラーメンのようでナスの入ったラーメンを初体験。

アサリの旨味も出たおいしいラーメンです。

千葉に来たので名物の落花生をお土産を購入。

施設内に可愛らしい「ピーナッツスクエア」というお店がありコーヒーとドーナッツを買いテラス席で一休み。

既に梅雨に入っていますが梅雨の中休みなのか今日は朝から30度を超える暑さ。

体が暑さにまだ慣れていないのでこたえます…

気休め程度ですが駐車中の車内も扇風機を付け空気を回しておくと車に戻った時の空気が少し涼しい気がします。

トイレの近い私にパチンコ屋さんは強い味方

途中にあるパチンコ屋さんでトイレ休憩。

運転中は水やコーヒーをガブガブ飲む上トイレの近い私はよくトレイ休憩をしますが道の駅があれば一番良いですがそんなに都合良く道の駅はありません。

コンビニも良いですがトレイが1つしかないお店もあり並んでいる時は大変な思いをすることもあります。

あまりおすすめはできませんが個人的に旅の途中でトイレに行きたい時はパチンコ屋さんのトイレをよく利用しています。

全国どこに行ってもパチンコ屋さんはあり広い駐車場に便座数の多いトイレに加え、何よりトイレが綺麗なことが多い。

私はパチンコをやらないので実際に入りるまでは行きずらいイメージがありましたが北海道で住んでいた時に仕事の関係でパチンコ屋さんを回ることがありました。

実際にパチンコ屋さんの中へ入るとどのパチンコ屋さんもトイレが驚くほど綺麗で、それからは旅の途中でトイレに行きたい時はパチンコ屋さんへ行きパチンコをやらない代わりにジュースを1本買いトイレを借りるようにしています。

私のようにトイレに近い人は緊急事態の時にパチンコ屋さんがあることも覚えておいて下さい。

天然温泉湯舞音 袖ケ浦店で入浴

下駄箱の鍵で入退店を管理するハイテクなお店で施設内は多くの漫画やレストランもあり1日楽しめそうな施設です。

お風呂の洗い場は私の好きなサイドに壁のある個室タイプで露天風呂にはテレビもあります。

もう少しゆっくりして行っても良いですがこれから始めていく海ほたるに興奮し入浴はほどほどに先へ行くことに。

マサユキ
マサユキ

タントで始めてETCを使うこともあり本当にETCが作動するのか不安を感じていることもあり何となく落ち着きません…

温泉施設で後部座席にある着替えなどの用意をしている時に後部座席をフルフラットにしているため後ろの荷物を取るには一度外へ出なければならないことを今更ながら発見。

今までは助手席の後ろは通常の座席になっており普通の座れたため後ろの椅子に座りながら着替えの用意などもできましたが、後部座席を全てフルフラットにすると靴を脱いで後ろの行かなければならずとても面倒です。

私の場合、実際に旅を始めて分かることが多くいくら出発前に準備をしても毎回何かしら改善点が見つかります。

千葉県の海ほたるで車中泊

不安だったETCは無事に作動しタントの雪乃さんと初めての高速道路をドライブ。

ETCだけでなく海ほたるも初めての経験ですが海風が本当に強くタントの屋根が高いこともあり法定速度の80kmを出すとハンドルを持っていかれます。

無事に海ほたるへ到着し看板に従い普通車の駐車場へ。

木更津方面から来た普通車の車は2Fの駐車場。

大型車や2輪車は1Fの駐車場。

東京方面から来た車は3Fの駐車場と分かれているようです。

海ほたるの施設内を散策すると大きな客船のようになっており24時間営業のコンビニからフードコートにカフェ、レストランと海ほたるの中で生活ができそうです。

海ホテルへ来る前に念の為コンビニで水やパンなどを買っておきましたが余計な心配だったようです。

夕食はフードコート内に車中泊旅中に金沢へ食べたゴーゴーカレーがあり迷わずカレーに決定。

1人でカレーを食べていると屈託のない笑顔で男の子が寄ってきて「「何で1人で食べてるの?」とのこと。

孤独なアラフォーオジサンを生殺しにするパワーワードを頂きました(笑)

子供は遠くに行ってはまた戻って来るのを3回ほど繰り返しその度に同じ質問を投げかけ、最後は子供のお母さんが来られ「お兄さんが気に入ったみたいです」と言いつつ子供と一緒に去って行きました。

残されたオジサンは残りのカレーを食べながら子供の質問に対する答えが見つからず、涙でややしょっぱくなったカレーを最後まで美味しく頂きました。

 

 

海ほたるの施設内を散策していると展望台で作業をしている人達がおり撮影。

どんな観光地に行っても必ずその地で働いている人はいるものです。

 

夕食後はスタバの海ほたるパーキングエリア店で軽くお仕事。

海が一望できるカウンター席があり景色を眺めているだけで気持ちが良いです。

いつも使っているポケットWiFiが海ほたるでは使えないためスタバの無料WiFiを使えるのが助かります。

閉店の22時まで作業し車内に戻り車中泊。

慣れない座席レイアウトでフルフラットにしていた後部座席を運転席側の後ろだけ起こすスタイルに変更。

後部座席を以前のように1席使えるようにしたことで夕方温泉で感じた洗濯物を取るのが大変な問題も解決。

新しく購入したインフレーターマットに空気を入れ体を真直ぐ伸ばし寝るもやや段差があり最初はうまく寝れず。

また車内が湿度80%越えの30°近くで蒸し暑くしばらくボーッとしているといつの間にか夜中の2時半まで寝ていました。

トイレへ行くため外に出ると数台の車が停まっており車中泊していそうな車も数台見かけます。

夜中には元気のいい車も何台か来ていましたが疲れていたのでエンジン音などはそれほど気にならず。

それより海ほたるの何かの施設から出ているブォーンという重低音がずっと鳴っていることの方が個人的には気になりました。

暑い夏などは車中泊だからといって無理に寝袋などを用意せず自宅で寝る時に普通に使っているタオルケットやシーツを敷いて寝た方が快適かもと感じつつ【車中泊で日本一周ひとり旅36日目】は終了。