日本一周

【車中泊で日本一周ひとり旅】出発前後に購入した商品とその費用

マサユキ
マサユキ

【車中泊で日本一周ひとり旅】スタート前後に購入した商品とその費用について、自分の備忘録がてら紹介します。
これから車中泊をする人や日本一周を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

日本一周の出発後に追加購入するものがあれば順次この記事に追加していきます

【車中泊で日本一周ひとり旅】出発前後に購入した商品

【車中泊で日本一周ひとり旅】スタート前後に購入した商品がこちら。

【車中泊で日本一周ひとり旅】
出発前購入商品
購入した商品 費用
車関係 車両本体(タント) 238,000円
白ナンバー手数料 8,430円
ドライブレコーダー 17,675円
車両メンテナンス 2,503円
小計 266,608円
車中泊グッズ LEDライト×2個 3,359円
扇風機 2,278円
IHクッキングヒーター 5,560円
目隠しカーテン 6,665円
車中泊マット(ニトリ) 5,980円
パソコン台and収納ボックス 813円
温湿度計(タニタ) 1,650円
ホットサンドメーカー 3,490円
ワイヤレス充電式スマホホルダー 2,985円
ポータブル電源(RIVER600) 45,858円
タブレットホルダー 1,179円
小計 79,817円
カメラ関係 GoPro HERO9 43,000円
GoProアクセサリー 2,994円
小計 45,994円
合計 392,419円
※100円ショップで購入した細かい商品や車購入に使った交通費などは除外しています。
マサユキ
マサユキ

勢いよく買い物しましたが合計金額を見て軽く引いてます…

車関係

車両本体(タント)

車がなければ車中泊の日本一周も始まらないので、まずは車を購入しました。

どのような車を購入するか悩みましたが次の条件から中古のタントを選びました。

  • 予算は30万円以下なので中古車
  • 駐車場の関係で軽自動車
  • 車中泊用なので後部座席がフルフラットになる車

条件に合ったタントを福島県で見つけたので住んでいる埼玉から新幹線で買いに出かけました。

マサユキ
マサユキ

日本一周の相棒となるタント(雪乃さん)を購入し自分が本当に日本一周を始める実感が沸いてきました。

タント 日本一周 雪乃さん
【車中泊で日本一周ひとり旅】旅の相棒は中古のタントで名前は雪乃さん【車中泊で日本一周ひとり旅】をするために中古のタントを23.8万円で購入しました。 日本一周の車中泊用に購入したタントや購入するまでの流れについて紹介するので、車中泊や日本一周旅に興味のある人はぜひチェックしてみて下さい。...

白ナンバー手数料

余計な出費かもしれませんが車体の白色に合わせてナンバーもオリンピック記念ナンバーの白色に変更しました。

タント 白ナンバー変更 アイキャッチ画像
軽自動車を白ナンバーに変更する方法 〜料金から詳細手続きまで〜白色のボディーに合わせてナンバーも軽自動車の黄色から白色(オリンピック記念ナンバー)へ変更しました。 これから自分で軽自動車でナンバーを白色に変更しようと考えている人は、ぜひ参考してみて下さい。...

マサユキ
マサユキ

ナンバーを変えてタント(雪乃さん)に対する愛着が一層増したので結果的には良かったです。

ドライブレコーダー

購入したタントは20万円台の中古車だったのでドライブレコーダーが付いていませんでした。

日本一周中に何かあっては困るので万が一のことを考えドライブレコーダーを購入して取り付けました。

【素人のDIY】タントに前後対応のミラー型ドラレコを取り付けてみた1年以上かけてゆっくり日本を回る予定なので、万が一の事故や煽り運転に備えて前後方向に対応したミラー型のドラレコを取り付けました。 ミラー型ドラレコの購入を考えている人やドラレコの取り付け方を知りたい人は、ぜひ参考にしてみて下さい。...

車両メンテナンス

ドラレコが無いだけでなく車のサビやルームランプの電球切れなど、20万円台のタントにはメンテナンスも必要でした。

車の知識はほぼゼロですが素人なりにタントのメンテナンスをしました。

【素人のDIY】車(タント)の錆止め塗装を未経験者がやってみたタントの天井にあった2箇所のサビに錆止め塗装をした様子について紹介しています。 車の錆止め塗装を自分でしたい人は、ぜひ参考にしてみて下さい。...

タント ルームランプ アイキャッチ画像
【素人のDIY】車(タント)のルームランプをLEDに交換する方法この記事では電球が切れていたタントのルームランプを車の知識がほぼゼロの素人が交換した様子について紹介しています。 車のルームランプを自分で交換することを考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。...

車中泊グッズ

LEDライト

日本一周 LEDライト

車中泊中に使う照明は自宅の懐中電灯を使うことも考えましたが、車の屋根に吊るすタイプのLEDライトが欲しく新しいライトを購入しました。

調べてみると様々なタイプのLEDライトが売られており、車中泊に便利そうな4つの特徴を備えたLEDライトを購入しました。

  1. フックで車の天井にかけられる
  2. 磁石内蔵で車のドアなどにも付けられる
  3. USBケーブルで充電できる
  4. ポータブル電源にもなる

暖色タイプと蛍光灯タイプのLEDライトを1つずつ購入しました。

日本一周 LEDライト タイプ別

暖色タイプ

蛍光灯タイプ

扇風機

車中泊グッズ ミニポータブル電源

最初に日本一周をスタートする予定だった2月頃は寒さ対策を考えていましたが、緊急事態宣言の延長に伴い出発も3月後半までずれ込みました。

朝晩は肌寒い日もありますが晴れた日の日中は車内の気温も上がり暑さを感じる日も出てきました。

寒さは着込むことで対策できますが暑さは脱ぐにも限界があるので暑さ対策に扇風機を購入しました。

自宅の大きい扇風機は車に乗せるスペースがないので次の3条件で扇風機を選びました。

  1. コンパクトサイズ
  2. クリップで止められる
  3. USBケーブルで充電できる
扇風機 充電式 USB 卓上扇風機 クリップ式 ファン 小型 ミニ扇風機 超静音 強力 大風量 5000mA 24h連続使用 風速4段階調節 360度角度調整 LED照明機能付き 便利 コンパクト 電池内臓 コードレス せんぷうき 宅内/オフィス/車の中/洗面所/トイレにも使用可能 ホワイト
Delamu

IHクッキングヒーター(dretec ドリテック)

車中泊グッズ IHクッキングヒーター

YouTubeの車中泊動画で見る素敵な食事は作れませんが、日本一周中はお湯を沸かしてコーヒーやスープくらい飲もうとIHのクッキングヒーターを購入しました。

自宅にあるカセットコンロやキャンプで使っているバーナーを持っていくことも考えましたが、車内で火を使うことやカセットボンベの保管に不安を感じたのでIH式にしました。

車中泊グッズ カセットコンロ 車中泊グッズ スノーピーク

IHクッキングヒーターでお湯を沸かせば車中泊中も美味しお茶やコーヒーを飲むことができます。

IHクッキングヒーター 使用例

目隠しカーテン(SEIWA セイワ)

タント 目隠しカーテン 全て

日本一周を続けるモチベーションを維持するためにも車中泊中は就寝時にしっかりと休み疲れをとることが大切です。

車内で自宅と同じ環境を作るのは難しいですが、落ち着いて休める自分だけのプライベート空間を作るために周囲の視線を遮る目隠しカーテンを購入しました。

着脱が簡単なマグネット式なので就寝時はもちろん、ちょっとした休憩やパソコン作業をする時にも大活躍しています。

タント 目隠しカーテン 仕事部屋
タント 目隠しカーテン アイキャッチ画像
【車中泊で日本一周ひとり旅】タントにマグネット式目隠しカーテンを設置 【車中泊用】タントに購入したマグネット式目隠しカーテン 目隠し用カーテンを家にある突っ張り棒や100均グッ...

小さいカーテン

大きいカーテン

車中泊マット(ニトリ)

車中泊 マット 3wayフロアクッション

車中泊中はなるべくフラットな状態で寝たいのでシートの段差を埋めるマット(クッション)をニトリで2つ購入しました。

車中泊マット ニトリ

車中泊中は基本的にマットを敷いたままにしますが、このマットは取手もついているので車中泊中に干したり持ち運ぶ時にも便利です。

車中泊マット ニトリ

車中泊中のシートアレンジは完全に決まっていませんが運転席の後ろにニトリのマットを敷いて助手席に足を伸ばして寝る予定です。

車中泊 マット ニトリ

このニトリのマットは高さが8cmある厚めのマットです。

車中泊 ニトリ マット 高さ

マットを2枚重ねることで完璧ではありませんが前席と後席の段差をかなり解消してくれます。

車中泊 ニトリ マット 段差
マサユキ
マサユキ

車中泊中のシートアレンジが決まったら改めて紹介します。

【車中泊で日本一周ひとり旅】タントの車中泊はニトリのマットがおすすめな話【車中泊で日本一周ひとり旅】タントの車中泊で少しでも快適に寝るためニトリのマットを購入しました。 車中泊用にニトリのマットを選んだ理由や車中泊時のシートアレンジ・マットの敷き方について紹介しているので、車中泊用のマット選びに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみて下さい。...

パソコン台and収納ボックス(ニトリ)

ニトリの店内をブラブラ歩いている時に発見した収納ボックス。

ニトリ 収納ボックス パソコン台

車内でパソコン作業をする時のコンパクトな台が欲しかったので購入しましたがMacBook Pro13インチのサイズにピッタリ!

ニトリ 収納ボックス パソコン台

ボックス内には車中泊中に使うIHクッキングヒーターや鍋などの調理道具を収納できるので一石二鳥です。

ニトリ 収納ボックス 調理道具収納

温湿度計(タニタ)

車内の様子を動画で伝える時に温度や湿度を知りたいことがありタニタの温湿度計を購入しました。

タニタ 温湿度計

本体の後ろにはマグネットも付いているので車のドアなどにも付けられます。

タニタ 温湿度計 マグネット

どの角度から見ても液晶がクリアに見え温度・湿度の快適レベルがイラストで表示されるのも面白いです。

タニタ 温湿度計 車内

ホットサンドメーカー

【車中泊で日本一周ひとり旅】では簡単な料理しかしませんがIHクッキングヒーターも買ったので食パンを挟むだけで作れる「HASAMOCCA はさもっか」という可愛らしいホットサンドメーカーを買いました。

車中泊 ホットサンドメーカー はさもっか 車中泊 ホットサンドメーカー

はさもっかは上下のプレートが着脱式で別れるためフライパンとして利用できるのも便利です。

車中泊 ホットサンドメーカー フライパン

車中泊中はIHクッキングヒーターを使いますが自宅のガスコンロで使えるのも気に入っています。

車中泊 ホットサンドメーカー 自宅

ワイヤレス充電式スマホホルダー

車中泊グッズ 充電式スマホホルダー

車中泊グッズではないですがスマホを固定しながら充電できる充電式のスマホホルダーも購入しました。

Googleマップの地図確認やネットでの調べ物、ちょっとしたスナップ撮影など日本一周の車中泊旅にスマホは欠かせません。

使いたい時にバッテリー切れだと困るので車内では常にスマホを充電しておきますが日本一周中は車を乗り降りする回数も多く、その度にスマホの充電ケーブルを抜き差しすることを手間に感じました(←どんだけ面倒くさがりなんだ…)

現在使っているiPhoneSE2は私が初めて買ったワイヤレス充電に対応したスマホになります。

スマホを置くだけで充電できるワイヤレス充電の快適さを知ってしまったので、車内でも同じようにワイヤレスで充電できる環境を作りました。

車中泊グッズ スマホホルダー

ポータブル電源(エコフロー RIVER600)

エコフロー RIVER600 正面

日本一周の旅へ出る時に購入するか最後まで悩んだのがポータブル電源です。

1台あれば間違いなく便利なのは分かりますが、ポータブル電源は小さな見た目とは裏腹に値段が可愛くありません…

ポータブル電源を使う主な目的はパソコンやカメラのバッテリー充電と簡単な調理(お湯を沸かす程度)なので車のシガーソケットや持っているRAVPOWERやMAXOAKのポータブ電源を使えば何とかなりそうです。

車中泊グッズ ミニポータブル電源
RAVPower モバイルバッテリー 20000mAh PD対応 60W USB-A+USB-C 2ポート 大容量iPhone/Android/MacBook/ノートパソコン/Switch等対応 PSE認証済 RP-PB201
RAVPOWER

今やっているサイト作成の仕事はテキストと画像の処理だけなのでパソコンのバッテリー消費も小さいですが、日本一周をきっかけに始めたYouTubeの動画編集がパソコンのバッテリーを驚くほど減らすことが分かりました。

また、車中泊だけでなく地震など万が一の震災に備えて防災面でも1台持っていて損はないと自分に言い聞かせ思い切って購入しました。

様々な種類のポータブル電源が売られておりどれを購入するか悩みましたが、次のような条件からEcoFlowのRIVER600を選びました。

  • 操作が簡単
  • バッテリー残量が数値で見える
  • ポータブル電源本体の充電時間が短い
  • シガーソケットで充電可能
  • 電気ケトルでお湯を沸かせる
  • バッテリーだけ追加購入できる
エコフロー RIVER600 アイキャッチ画像
EcoFlow(エコフロー)ポータブル電源RIVER600開封レビュー【車中泊で日本一周ひとり旅】旅行中の電源を確保するためEcoFlow(エコフロー)から販売されているポータブル電源「RIVER600」を購入しました。 開封レビューから基本的な操作方法を紹介しているのでエコフローのRIVER600に興味のある人やポータブル電源探しに迷っている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。...

車載用タブレットホルダー

食事中や寝る前のリラックスタイムにタブレットで映画を見ることが気分転換になり車中泊中の大きな楽しみになりました。

食事中はともかく寝る時は助手席に足を置いて寝るためタブレットの置き場に困っていました。

そこで運転席の後ろに設置するタブレットホルダーを購入しました。

私が愛用しているカップホルダーにも干渉せずに使用できます。

このタブレットアームはヘッドレストにはめてネジで締めるだけなので工具不要で設置が簡単なので購入しました。

1,000円少々の商品にしてはアームの作りもしっかりしておりタブレットを挟む部分には滑り止めも付いているなど細かい点まで考えられたコスパの良い商品です。

後ろのネジを調整すれば360°自由に向きを変えられるので車中泊中の映画鑑賞が快適になりました♪

カメラ関係

GoPro HERO9

日本一周中の車載動画や旅先の映像は全てスマホで撮影しようと考えていましたが、スマホの撮影中に調べ物をしたい時やクラウドの容量面から動画撮影専用のカメラを購入することにしました。

動画撮影用のカメラは初めて買うのでGoProとソニーのアクションカム(HDR-AS300R) のどちらを買うか悩みましたが、最終的にはGoPro HERO9を購入しました。

GoPro HERO9 レビュー アイキャッチ画像
【GoPro HERO9】開封レビューとGoProを選んだ理由この記事ではGoPro HERO9の開封レビューから初めのアクションカメラにGoPro HERO9を選んだ理由について紹介しています。 GoPro HERO9の購入を悩んでいる人やアクションカメラ選びに迷っている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。...

決して安い商品ではありませんが、これから車中泊の日本一周旅だけでなく旅先のVlog撮影にも使っていく予定なのでいい買い物ができました。

GoProアクセサリー

GoPro本体を買うと色々なアクセサリーも欲しくなるのが人間というもの。

GoProで車載映像や旅先のVlog的な映像を撮りたかったのでGoProに取り付けるクリップを購入しました。

GoPro HERO9はこれから長く使う予定なので本体やレンズを守るカバーも一緒に購入しました。

日本一周を理由にして散財ペースが加速していたので、アクセサリーは全てコスパに優れたサードパーティ製を購入しました。

【サードパーティ】GoPro HERO9用おすすめアクセサリーGoPro HERO9の購入に合わせてGoPro用のアクセサリーも買い揃えました。 紹介するアクセサリーはどれも1,000円前後の商品なので、GoPro HERO9を購入した人や購入予定の人はぜひ参考にして下さい。...

まとめ

【車中泊で日本一周ひとり旅】スタートするまでに購入した商品とその費用について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

調理器具や寝袋など家にあるものでなるべく済まそうと考えていましたが、思っていた以上に費用がかかっていました。

人によって車中泊で必要なものも異なるので、この記事で紹介した商品を参考に自分に必要な車中泊グッズを考えてみて下さい。

この記事がこれから車中泊をする人や日本一周を考えている人に少しでも参考になれば幸いです。