カメラ

【GoPro HERO9】開封レビューとGoProを選んだ理由

GoPro HERO9 レビュー アイキャッチ画像
マサユキ
マサユキ

【車中泊で日本一周ひとり旅】を始めるにあたり、車載動画や旅先でのVlog撮影をするために購入したGoPro HERO9

この記事ではGoPro HERO9の開封レビューから初のアクションカメラにGoPro HERO9を選んだ理由について紹介しています。

GoPro HERO9の購入を悩んでいる人やアクションカメラ選びに迷っている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

日本一周 ピックアップ画像
【車中泊で日本一周ひとり旅】23.8万円で購入した中古のタント”雪乃さん”と日本一周の車中泊旅に出る予定です。...

GoPro HERO9の概要(発売日・価格・仕様)

GoPro HERO9は2020年9月16日に発売されたGoProシリーズの最新機種になります(2021年2月11日時点)

価格は公式サイトやAmazonなど購入先によって異なりますが、公式サイトのサブスク加入プランではGoPro HERO9を43,000円(税込)で購入することができます。

マサユキ
マサユキ

私はInstagramでGoProが広告を出していたサブスク付きのGoPro HERO9を43,800円(税込)で購入しました(まんまと広告にやられました…)

GoPro HERO9 Instagram 広告

GoPro HERO9と1つ前のモデルとなるGoPro HERO8の仕様をまとめると次のようになります(変化した部分のみ)

GoPro HERO8・9の比較
GoPro HERO9 GoPro HERO8 機能説明
写真 20MP+SuperPhoto (HDR搭載) 12MP+SuperPhoto (HDR搭載)
ビデオ 5K30 4K60
100 Mbps ビット レート 5K/4K/2.7K 4K/2.7K
ビデオ安定化 HyperSmooth3.0 HyperSmooth 2.0
水平維持機構 カメラに内蔵 GoProアプリを使用
デジタルレンズ / FOV ・SuperView
・広角
・リニア
・リニア+ホライゾンレベリング
・狭角
・SuperView
・広角
・リニア
・狭角
前面スクリーン 1.4インチカラー LCD
(ライブプレビュー
およびステータス)
ステータスのみ対応のスクリーン
モジュラー メディアモジュラー (HERO9 Black)
Maxレンズモジュラー(HERO9 Black)
メディアモジュラー(HERO8 Black)
TimeWarp ビデオ TimeWarp3.0 TimeWarp2.0
HindSight シャッターボタンを押す30秒前の時点にさかのぼり録画することが可能
スケジュールキャプチャー 撮影の開始時刻を事前にスケジュールすることが可能
デュレーションキャプチャー 録画を自動停止する時間を選択可能
対応ハウジング 保護ハウジング(HERO9 Black) 保護ハウジング(HERO8 Black)
3.5mmオーディオ マイク入力 HERO9 Black用メディアモジュラーを使用
またはPro3.5mmマイクアダプター利用時
HERO8 Black用メディアモジュラーを使用
またはPro3.5 mmマイクアダプター利用時
HDMI出力 HERO9 Black用メディアモジュラーを使用
またはマイクロHDMIケーブル
HERO8 Black 用メディアモジュラーを使用
またはマイクロHDMIケーブル
GoProをHDTVに接続して大画面で見ることが可能
※GoPro公式サイトより引用・作成

※表は左右にスクロールできます

5K撮影の対応やスケジュール・ディレーションキャプチャー機能の追加などGoPro HERO8と比較して映像の進化や新たな撮影機能が加わっています。

GoPro HERO9の開封レビュー+付属品紹介

GoProの公式サイトで注文すると海外から商品が送られてくるようで、GoProを注文してから3日後にシンガポールから商品が届きました。

GoPro HERO9 輸送元 シンガポール

箱の中に緩衝材などは入っておらずビニールに包まれた商品と明細書がそのまま入っていました。

GoPro HERO9 梱包状況 GoPro HERO9 明細書

私が今回購入したGoPro HERO9がこちら。

GoPro HERO9 外箱

箱の中にはGoProのロゴマークが入った立派なハードケースが入っています。

GoPro HERO9 箱 ハードケース

ハードケースを開けるとGoPro本体やバッテリーなどが入っています。

GoPro HERO9 ハードケース中身

全ての中身を出すと次のようなものが入っていました。

GoPro HERO9本体 内容物
GoPro HERO9内容物
  1. カメラ本体
  2. バッテリー
  3. microSDカード
  4. USB-Cケーブル
  5. 各種アタッチメント
  6. 説明書
  7. ハードケース

1.GoPro HERO9本体

初めて実物を目にしたGoProは黒を基調にしたシンプルなデザインが好印象で、長く使い続けても飽きのこないデザインです。

GoPro HERO9 デザイン GoPro HERO9 デザイン2

GoProが小さいことは買う前から分かっていましたが、実際にGoPro本体を手に持つとその小ささに驚きました。

GoPro HERO9 サイズこの手のひらサイズなら気軽に持ち出せそうです♪

重さは158gで私が使っているスマホのiPhoneSE2(168g)とほぼ同じです。

GoPro HERO9 重さ
GoPro HERO9 スマホ 重さ比較GoPro HERO9のカメラモードで撮影

正面にはフロントカメラとライブビューモニターがあり、フロントカメラの下にはマイクも付いています。

GoPro HERO9 正面

本体左側には撮影モードを切り替えるモードボタンがあります。

GoPro HERO9 バックモニター

本体上部にはシャッターボタンがあり、右側にはUSB-Cポートやバッテリー・メモリーカードを入れるカバーが付いています。

GoPro HERO9 デザイン2 GoPro HERO9 本体右側 GoPro HERO9 本体右側 カバー

GoPro HERO9が水深10mの防水仕様になっている関係もあると思いますが、このカバーはかなり硬いです。

バッテリー交換やUSB-Cケーブルを挿す時にカバーを開けますが、最初はこのまま引っ張ると壊れるのではないかというくらい力を入れてカバーを開けていました。

マサユキ
マサユキ

1ヶ月程GoPro HERO9を使った現在はカバーの硬さにも慣れ、カバーを壊しそうな恐怖感はなくなりました。

本体下側にはスピーカーの上に様々なアクセサリーを付けられる「折り畳み式フィンガー」が格納されています。

GoPro HERO9 本体下側 GoPro HERO9 スピーカー

この折り畳み式フィンガーに付属のアタッチメントや別売りアクセサリーを取り付けることでGoProの撮影方法が無限に広がります。

GoPro HERO9 折り畳み式フィンガー購入時に付属されているヘルメットに取り付けるアクセサリー
GoPro HERO9 車載カメラクリップ式のアクセサリーで車載動画の撮影
GoPro HERO9 リュックリュックに取り付け手ぶらで撮影
マサユキ
マサユキ

GoProをリュックに取り付け撮影した時の映像はこちらの動画で紹介しています。

https://gadget-roamer.com/goprohero9-accessories/

2.バッテリー

GoPro HERO9には最初からバッテリーが1つ付属されています

GoPro HERO9 バッテリー

今回私が購入したGoPro HERO9はキャンペーン中だったらしく、予備バッテリーも無料で1つ付いていました。

GoPro HERO9 予備バッテリー

新しいバッテリーになったGoPro HERO9は先代のGoPro HERO8に比べてバッテリー駆動時間が最大30%アップとなりますが、GoProのバッテリーが持たないという口コミをネット上でよく見たのでバッテリーが1つ付いたバッテリーチャージャーも追加購入しました。

GoPro HERO9 バッテリーチャージ

元々入っていたバッテリーとキャンペーン中のバッテリー、追加購入分の合計3つのバッテリーがあると外出先で連続撮影する時も安心です。

GoPro HERO9 バッテリー3つ
マサユキ
マサユキ

番号を書いた透明なテープをバッテリーに貼り3つのバッテリーを均等に使うようにしています。

3.メモリーカード(microSDカード)

GoPro HERO9 メモリーカード

メモリーカードは安心のSanDisk製microSDカード(64GB)が付属されていました。

マサユキ
マサユキ

一眼レフでSanDisk製のメモリーカードを10年以上使っていますがデータが消えたり記録できなかったトラブルが1度もないので、自分の中でSanDiskはかなり信頼できるメーカーです。

このメモリーカードもキャンペーン中だったらしく、通常は32GBのmicroSDカードが64GBになっていました。

余談ですが、GoProを使い始めてからバッテリーの予備は十分でしたがメモリーカードの予備が無いことに気づきました(なぜ気づかなかったのか…)

私がいつも撮影している「シネマティック 4K 25 リニア+水平維持」という設定では64GBのメモリーカードで2時間ほどしか撮影できません。

GoPro HERO9 メモリーカード64GB 撮影時間

メモリーカードが一杯になるとデータをパソコンなどにバックアップしてからデータを消す必要があるので、屋外の撮影では大きな手間になりました。

新しく購入した同じSanDisk製のメモリーカード(256GB)は約8時間撮影できるので、屋外の長時間撮影も安心してできるようになりました。

GoPro HERO9 メモリーカード256GB 撮影時間 GoPro HERO9 メモリーカード256GB 撮影時間

4.USB-Cケーブル(約45cm)

GoPro HERO9 USB-Cケーブル

バッテリーを充電する時や撮影データの移行に使うUSB-Cケーブルも付属されています。

5.各種アタッチメント

GoPro HERO9 アタッチメント

先程紹介した折り畳み式フィンガーに取り付けるアタッチメント(ヘルメット用)も1種類ですが付属されているので、ヘルメットにGoProを付けて撮影するモトブログなども楽しむことができます。

GoPro HERO9 アタッチメントヘルメットに取り付けられる

6.説明書

電源の入れ方やバッテリーカバーの開け方などGoPro HERO9の基本的な使い方が書かれたイラスト入りの説明書は付属されていますが、カメラ本体の詳しい操作方法や設定が書かれた説明書は入っていません。

GoPro HERO9 説明書1 GoPro HERO9 説明書2

7.ハードケース

GoPro HERO9 ハードケース

GoPro HERO9本体や付属品の入っていたハードケースですが、このケースは作りもしっかりしていておすすめです。

ケース内にある仕切りは取り外せるので外出時はGoPro HERO9本体も含めて関連アクセサリーも全てこのハードケースの中に入れています。

GoPro HERO9 ハードケース 仕切り GoPro HERO9 ハードケース
マサユキ
マサユキ

作りのしっかりしたハードケースなので「この中に入れておけば大丈夫」という安心感があります。

初のアクションカメラにGoPro HERO9を選んだ理由

初めてのアクションカメラにGoPro HERO9を選び結果的には満足のいく買い物になりましたが、安い買い物ではないのでGoPro HERO9を購入する前は次の2点で悩みました。

  1. GoPro HERO9以前のGoProで十分?
  2. ソニーのアクションカム(HDR-AS300R)の方がいい?

1.GoPro HERO9以前のGoProで十分?

冒頭でも紹介したように私がGoProを買う主な理由は日本一周旅の車載動画や旅先でのVlogを撮影することなので、それほど綺麗な映像は求めていませんでした。

GoPro HERO9 車載カメラこんな感じで使います

そのため機能的には最新機種のGoProは必要なく少しでも安く購入できるGoPro HERO9以前のGoProでも十分でした。

GoProの公式サイトで今まで販売されたGoProシリーズを調べていくと一つ前のモデルとなるGoPro HERO8(38,000円/税込)とGoPro HERO9(43,000円/税込)の価格差が5,000円しかありませんでした。

私の使用目的ではGoPro HERO8の機能で十分でしたが、この価格差なら最新機種を欲しくなるのが人情というもの。

今回購入するアクションカメラは新しい機種が出たら買い換えるのではなく長く使おうと考えていたので、どうせ買うなら少しでも機能の充実した最新機種を買うことにしました。

2.ソニーのアクションカメラ(FDR-X3000)の方がいい?

GoProを買う時はアクションカメラで評判の良いソニーのFDR-X3000も選択肢の1つにありました。

マサユキ
マサユキ

世界各国の旅の様子をYouTubeで発信されている「無職旅さん」がFDR-X3000を使っていたのも大きなポイントでした。

ソニーのアクションカメラと比較した時にGoPro HERO9を選んだポイントは次の6つになります。

GoPro HERO9>FDR-X3000
  1. GoPro HERO9のコスパ
  2. カメラの形
  3. カメラの色
  4. 発売からの年月
  5. 豊富なアクセサリー
  6. 豊富なレビュー

1.GoPro HERO9のコスパ

ソニーのアクションカメラ(FDR-X3000)はAmazonでカメラ本体が約5万円、撮影中の画面を確認できる腕時計型のライブビューリモコンが付いたキットが約7万円で売られています(2021年2月時点。4年以上前に発売された製品のため公式サイトのソニーストアでは販売終了)

一方のGoPro HERO9は公式サイトで予備バッテーリーと64GBのメモリーカードが付いたキットが43,000円で売られており、予備のバッテリーチャージャーを追加しても5万円でお釣りがきました。

GoPro HERO9 購入明細

決して安いものではありませんが動画撮影を長く続けていくことを考えた時に5年使えば年間1万円以下のコストは決して高くはなく、ソニーのアクションカメラに比べてGoPro HERO9のコスパは良いと感じました(途中で最新機種に買い換える誘惑に負けませんように…)

2.カメラの形

車載動画を撮る時はカメラの形状は問題にならないため「空間光学手ブレ補正」を搭載した手振れに強いソニーのアクションカメラ(FDR-X3000)を買うつもりでした。

しかし、旅先の様子をVlog的に撮影することを考えた時にカメラを手に持って構えると周囲の雰囲気を崩しそうな気がしたので、カメラをリュックに取り付ける撮影スタイルが自分の中でしっくりきました。

GoPro HERO9 リュックこれも違和感はありますが…

リュックに取り付ける時は縦長のソニーではなく横長のGoProが向いることも購入ポイントの1つになりました。

3.カメラの色

私が欲しいソニーのアクションカメラ(FDR-X3000)はカラーが白色しかなく、手持ち撮影で目立つことに抵抗を感じました。

GoProは黒色なので屋外で持っていても目立ちにくく、バッグに付けた時も白よりは目立たないことも購入のポイントになりました(手持ちバッグは黒色が多い)

4.発売からの年月

2020年9月に発売されたGoPro HERO9は私が購入した2021年2月時点で発売から半年も経っていませんでしたが、2016年6月に発売されたソニーのアクションカメラ(FDR-X3000)は発売から4年以上経っています。

ソニーのアクションカメラは4年以上前から4K撮影ができるなど今考えるとかなり高性能なカメラで私の撮影目的には十分な機能ですが、技術革新のサイクルが早いデジタル製品の4年間は大きな年月です。

様々な機能を比較し自分に合ったカメラを選べる人はいいですが、アクションカメラが初めての私は「最新機種を購入しておけば間違いない」という単純な理由も発売から半年以内のGoPro HERO9を選ぶ大きなポイントになりました

マサユキ
マサユキ

発売サイクルの速さは自分の買ったカメラが短期間で最新機種でなくなることにも繋がりますが、そこはGoPro HERO9を使い続ける強い意志を持ち続けることで乗り越えていきます。

5.豊富なアクセサリー

新しい機種が毎年のように発売されているGoProは三脚やカメラケースなどソニーのアクションカメラに比べて豊富なアクセサリー類が販売されています。

まだGoProを使いこなせていないのでどんなアクセサリーが必要なのか分かりませんが、安いサードパーティー製のアクセサリーも豊富なGoProはこれから長く使う上でコスト的にも安心して利用できます。

【サードパーティ】GoPro HERO9用おすすめアクセサリーGoPro HERO9の購入に合わせてGoPro用のアクセサリーも買い揃えました。 紹介するアクセサリーはどれも1,000円前後の商品なので、GoPro HERO9を購入した人や購入予定の人はぜひ参考にして下さい。...

6.豊富なレビュー

多くの人が利用しているGoProは詳しい設定や操作方法もネット上のブログやYouTubeで多く紹介されています。

分からないこともネットで簡単に調べられることもGoPro HERO9を購入する1つのポイントになりました。

GoPro HERO9はこんな人におすすめ

GoPro HERO9の主な特徴や初のアクションカメラにGoPro HERO9を選んだ理由について紹介してきましたが、GoPro HERO9は次のような人におすすめします。

GoPro HERO9がおすすめな人
  • 初めてアクションカメラを買う人
  • アクションカメラの機能についてよく分からない人
  • 最新機能が搭載されたアクションカメラが欲しい人
  • 短期間の買い替えではなく良いアクションカメラを長く使いたい人
  • 少しでもお得に確かなアクションカメラを購入したい人

まとめ

GoPro HERO9の開封レビューから初めのアクションカメラにGoPro HERO9を選んだ理由について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

使う目的によって選ぶアクションカメラも変わりますが、GoPro HERO9は私のように初めてアクションカメラを使う「アクションカメラ初心者」にとって失敗のない買い物になります。

この記事がGoPro HERO9を購入しようか悩んでいる人の少しでも参考になれば幸いです。