MENU
カテゴリー

三脚ケース付き|ベルボンのトラベル三脚「UT-63II」が旅行におすすめな話

ベルボン トラベル三脚 アイキャッチ画像

重くて荷物になるものの1本持って行くと撮影の幅がグッと広がる三脚。

ベルボンのコンパクトなトラベル三脚「UT-63II」が旅行におすすめだったので、開封から実際に旅行で使用した様子を紹介します。

旅行用に折りたたみ式でコンパクトな三脚を探している人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

この記事がおすすめな人
  • 旅行用にコンパクトな三脚が欲しい人
  • 長期間使えるしっかりとした三脚が欲しい人
  • 撮影旅行へ行く時の荷物を少しでも軽くしたい人
マサユキ

フォトロマのマサユキです。YouTubeもやっています。
プロフィール問い合わせ

目次(クリックでジャンプ)

ベルボンのトラベル三脚「UT-63II」の開封

今回購入した三脚がベルボンの「UT-63II」という小型のトラベル三脚になります。

ベルボン 三脚 UT-63
ベルボン 三脚 UT-63 型番

箱の中身は三脚本体と三脚ケース、説明書の3点。

ベルボン 三脚 UT-63 内容物

三脚ケースはナイロン製で40g以下の重さ。特にクッション性もありませんがコンパクトさや軽さが売りのUT-63IIにはシンプルなケースがいいのかもしれません。

ベルボン 三脚 UT-63 三脚ケース
軽いは正義

説明書は図解入りで詳しく書かれているので初めて三脚を使う人もスムーズに理解することができます。

ベルボン 三脚 UT-63 取扱説明書
詳しい図解入り

>ベルボンUT-63II取扱説明書

ベルボンのトラベル三脚「UT-63II」の概要

三脚本体の重さ

三脚の重さは約1.6kg

ベルボン 三脚 UT-63 重さ

三脚の長さ

最伸縮時

UT-63IIの三脚を最も小さく折り畳んだ時の長さは約29cmと本当にコンパクト。

500mlペットボトルと比べるとその小ささが分かります。

ベルボン 三脚 UT-63 長さ 最縮小時

脚を全開にして最も低い状態にするとかなり低いローアングルから撮影することができます。

ベルボン トラベル三脚 UT-63II 開脚角度

最伸長時

30cm以下のコンパクトなUT-63IIですが三脚の脚を最も伸ばした状態の実測は約150cmあります(自分の中で三脚が安定している開脚状態で)

ベルボン 三脚 UT-63 長さ 最伸長時

私が持っている同じベルボンの大型三脚「NEO Carmagune730」と比較しても高さが30cm程しか変わりません。

ベルボン 三脚 UT-63 NEO Carmagune730 長さ比較 最伸長時

安定感は無くなりますがエレベーターを伸ばすことで+10cmの約160cmまで伸ばすことができます。

ベルボン 三脚 UT-63 長さ エレベーター

脚径の最も太い部分が30mmあるので600mmの望遠レンズを付けてもシッカリと安定しています。

ベルボン 三脚 UT-63 長さ 望遠カメラ装着

雲台

ベルボン トラベル三脚 UT-63II 雲台
ベルボン トラベル三脚 UT-63II 雲台

クイックシュー

ベルボン トラベル三脚 UT-63II クイックシュー

ベルボンのトラベル三脚「UT-63II」の使い方

ベルボン三脚「UT-63II」セッティング

三脚を収納ケースから取り出し。

ベルボン トラベル三脚 UT-63II 収納 ケース

三脚の脚を180度回転してセット。

ベルボン トラベル三脚 UT-63II エレベーター

収納時に伸ばしていたエレベーターを下げる。

ベルボン トラベル三脚 UT-63II エレベーター
ベルボン トラベル三脚 UT-63II エレベーター

ロータリーハブを回し白い点と線を合わせ三脚の脚が開脚できる状態に。

ベルボン トラベル三脚 UT-63II ロータリーハブ
ベルボン トラベル三脚 UT-63II ロータリーハブ

ベルボン三脚「UT-63II」の開脚角度調整

三脚の開脚調整ノブを使い脚の角度を3段階で調整。

1.通常開脚

ベルボン トラベル三脚 UT-63II 開脚角度
ベルボン トラベル三脚 UT-63II 開脚角度

2.セミ開脚

ベルボン トラベル三脚 UT-63II 開脚角度
ベルボン トラベル三脚 UT-63II 開脚角度

3.フル開脚

ベルボン トラベル三脚 UT-63II 開脚角度
ベルボン トラベル三脚 UT-63II 開脚角度

ベルボン三脚「UT-63II」の脚伸縮

調整用グリップを回し脚の長さを調整・固定。

ベルボン トラベル三脚 UT-63II 脚の伸縮・固定
ベルボン トラベル三脚 UT-63II 脚 伸縮・固定

ベルボン三脚「UT-63II」へカメラ取り付け

三脚の脚の長さや角度がおおよそ決まった後は雲台へカメラの取り付け。

ベルボン トラベル三脚 UT-63II 雲台
ベルボン トラベル三脚 UT-63II カメラ取り付け
ベルボン トラベル三脚 UT-63II カメラ取り付け
ベルボン トラベル三脚 UT-63II クイックシュー
ベルボン トラベル三脚 UT-63II クイックシュー レンズ
マサユキ

このベルボンのクイックシューはコインなどを使わずにカメラへ固定できるので取り付け・取り外しも簡単です。

ベルボンのトラベル三脚「UT-63II」を旅行で実際に使用した感想

ベルボンのトラベル三脚「UT-63II」を購入後、初めて三脚を使用したのが北海道旅行。

使った場所は知床のカムイワッカ湯の滝。

知床半島 カムイワッカ湯の滝 三脚初使用

周囲に人もおらず周りを気にせず三脚を使用できましたが、コンパクトな三脚なので場所を取らず三脚の設置から撮影までスムーズに使用できました。

知床半島 カムイワッカ湯の滝 三脚撮影

旅行中はレンタカーでの移動でしたがコンパクトな三脚のため車での移動はもちろん、徒歩での移動時もリュックのサイドポケットなどにも入り気軽に三脚を持ち運びできます。

ベルボン トラベル三脚 UT-63II リュック サイドポケット

ベルボンのトラベル三脚「UT-63II」を実際に利用して感じたメリット

スーツケースやリュックに入るコンパクトサイズ

実際にベルボンのトラベル三脚「UT-63II」を使用して感じた最大のメリットが収納時に30cm以下になるコンパクトさ。

初めて三脚を使用した北海道旅行では飛行機を利用しましたが機内持ち込み用のスーツケースにも余裕で入ります。

ベルボン トラベル三脚 UT-63II スーツケース

私が持っている同じベルボンの三脚「NEO Carmagune730」は最も小さく折り畳んだ状態でも80cmあり飛行機を利用する時は必ず預ける必要があり、渡航先で手元に三脚が戻るまで心配性の私はハラハラすることに…

マサユキ

アラスカの撮影旅行では三脚専用のケースに入れて行きましたが、海外の空港では預け荷物を投げられることもよくあり三脚などを預けるのは心配です(リュックのバックルを斬られたことが2回あります…)

収納時は30cm以下のコンパクトサイズになるUT-63は30cmは飛行機で移動する時も預ける必要がなく旅行時も気軽に持ち運びできます。

ベルボン 三脚 UT-63 NEO Carmagune730 長さ比較
ベルボン トラベル三脚 UT-63II NEO Carmagune730 大きさ比較

クイックシューの互換性

ベルボンのトラベル三脚「UT-63II」と元々持っていたベルボンの三脚「NEO Carmagune730」は同じタイプの雲台のためクイックシューを共有することができます。

ベルボン トラベル三脚 UT-63II NEO Carmagune730 大きさ比較

三脚を2台同時に使う時も部材を変えずそのまま使用することができとても便利です。

三脚の脚伸縮・固定が簡単

ベルボンのトラベル三脚「UT-63II」は脚の伸縮・固定をグリップを回すタイプでとても簡単で気に入っています。

ベルボン トラベル三脚 UT-63II 脚の伸縮・固定

グリップを回す時の「カクッ、カクッ」という感覚も脚が固定・ロックされたと分かりやすく直感的に脚を伸縮・固定できます。

ベルボン トラベル三脚 UT-63II 脚 伸縮・固定
マサユキ

素早く脚を伸縮・固定できるレバー式の三脚もありますが、個人的にはしっかりと締めた感覚のあるナット式の三脚が好きです。

ベルボン トラベル三脚 脚固定

三脚のケースが付いている

ナイロンで簡易的な三脚ケースですが、ケースがあることで三脚を剥き出しのままスーツケースやリュックに入れず済みます。

ベルボン トラベル三脚 UT-63II 収納 ケース
ベルボン トラベル三脚 UT-63II スーツケース

ベルボンのトラベル三脚「UT-63II」を実際に利用して感じたデメリット

大型三脚に比べて安定性は劣る

買う前から分かっていたことですが実際にUT-63IIを使ってみると大型の三脚に比べ安定性は劣ると感じます。

標準〜中望遠レンズをつけている時は全く問題ありませんが長い望遠レンズを付けている時に雲台上でカメラを動かすとカメラの角度によっては三脚が倒れそうになる事があり、注意して撮影することもありました。

マサユキ

コンパクトで持ち運びやすい事と安定性のトレードオフでしょうがないことですが、自分が三脚に求めることや撮影シーンに応じた使い分けも必要になりそうです。

ベルボンのトラベル三脚「UT-63II」がおすすめな人

ベルボンのトラベル三脚「UT-63II」は次のような人におすすめします。

【ベルボン「UT-63II」がおすすめな人】
  • 旅行用に持っていくコンパクトな三脚が欲しい人
  • 撮影旅行へ行く時の荷物を少しでも軽くしたい人
  • 長期間使えるしっかりした三脚が欲しい人

まとめ

旅行におすすめだったベルボンのコンパクトなトラベル三脚「UT-63II」について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

折りたたむことで機内持ち込み用のスーツケースやリュックのサイドポケットにも入るコンパクトさで旅行時も気軽にも携帯することができます。

大型三脚に比べ安定性は劣るものの携帯時の軽さやコンパクトさから気軽に三脚を利用した撮影をすることができます。

この記事がコンパクトな三脚を探している人に少しでも参考になれば幸いです。

ベルボン トラベル三脚 アイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

マサユキのアバター マサユキ 〜フォトロマ〜

脱サラ後サイト運営で生計を立てながら撮影放浪旅を続ける「フォトロマ」として活動中。現在は47都道府県を車中泊で回る【車中泊で日本一周ひとり旅】へ出発中

目次(クリックでジャンプ)