MENU
カテゴリー

GoPro|enduroバッテリーの撮影可能時間と充電時間(本体/バッテリーチャージャー)標準バッテリー比較

GoPro enduroバッテリー アイキャッチ画像
マサユキ

Amazonのセールを利用し購入したGoProの「enduroバッテリー」

GoProの青い標準バッテリーとの違いも交えながらenduroバッテリーの撮影可能時間や充電時間(GoPro本体/バッテリーチャージャー)を計測した様子を紹介します。

【この記事を書いた人】
目次(クリックでジャンプ)

GoProのenduroバッテリーの撮影可能時間

GoProのenduroバッテリーが使える撮影可能時間を次のような条件で計測しました。

【enduroバッテリー撮影可能時間 計測条件】
  • 使用機材:GoPro HERO9
  • バッテリー状態:購入後の使用回数10回以内
  • 撮影設定:シネマティック 4K 25 リニア+水平維持
  • 撮影場所:屋内(気温:22℃前後)
GoPro enduroバッテリー 計測環境

実験方法はアナログ的にGoProを撮影したままの状態で放置しenduroバッテリーの残量がなくなるまで(電源が切れるまで)の時間を計測しました。

GoPro enduroバッテリー バッテリー持ち時間 計測方法

計測結果がこちら。

enduroバッテリー残量撮影時間10%毎の時間※
90%17分19秒17分
80%26分21秒9分
70%35分07秒9分
60%43分49秒8分
50%52分09秒9分
40%1時間8分
30%1時間8分8分
20%1時間16分8分
10%1時間24分8分
0%1時間33分9分
※10%毎の時間は秒単位切り捨て

GoProのenduroバッテリーはフル充電から1時間30分程撮影することができ最初の10%以降は10分ごとにバッテリーが約10%ずつ減ることが分かりました。

マサユキ

ちょっとした撮影はいいですが屋外で撮影しているとすぐに1〜2時間経ってしまうので2個入りのenduroバッテリーを購入して正解でした。

GoPro enduroバッテリー  2個セット 外箱
GoPro enduroバッテリー 2個セット

GoProのenduroバッテリー充電時間(GoPro本体)

enduroバッテリーをGoPro本体に直接USB-Cケーブルを差し込み充電完了までの時間を計測しました。

GoPro enduroバッテリー GoPro本体充電1
GoPro enduroバッテリー GoPro本体充電2

充電器はravpowerの65Wを使用。

GoPro enduroバッテリー GoPro本体充電 利用充電器1
GoPro enduroバッテリー GoPro本体充電 利用充電器2

GoPro本体でenduroバッテリーを充電した時の充電時間がこちら。

enduroバッテリー残量充電時間10%毎の時間
10%11分12秒11分
20%17分36秒6分
30%25分26秒8分
40%38分38秒13分
50%52分11秒14分
60%1時間5分13分
70%1時間18分13分
80%1時間55分37分
90%2時間11分16分
100%2時間12分1分
※10%毎は秒単位切り捨て

GoProのenduroバッテリーはフル充電に2時間10分程かかることが分かりました。

10%充電するのに平均して15分前後かかりますが70%〜80%の充電に40分近くかかり90%〜100%は1分で急速充電されるなど、不安定な充電速度も見られました(原因は分かりません…)

また、この検証では充電時間をリアルタイムに確認するため電源をつけて液晶表示を常時ONにしていました。

GoPro HERO9 バッテリー 充電時間確認 液晶表示

通常は電源をオフにしてバッテリー充電をするので、バッテリー消費の面からもう少し充電時間が短くなる可能性もあります。

GoProのenduroバッテリー充電時間(バッテリーチャージャー)

GoProのenduroバッテリーをバッテリーチャージャーを利用して充電完了までの時間を計測しました。

バッテリーチャージャーは2つのバッテリーを同時充電できるためバッテリーが1つと2つの状態でそれぞれ充電時間を計測しました。

バッテリーチャージャーは充電中のオレンジランプから充電完了のグリーンランプに変わるまでの時間を計測したので10%毎の充電時間は計測できていません

【GoPro enduroバッテリー1個】バッテリーチャージャー充電時間

【enduroバッテリー1個】
バッテリーチャージャー充電完了時間

2時間17分

GoPro enduroバッテリー1個 バッテリーチャージャー充電1
GoPro enduroバッテリー1個 バッテリーチャージャー充電2

【GoPro enduroバッテリー2個同時】バッテリーチャージャー充電時間

【enduroバッテリー2個】
バッテリーチャージャー充電完了時間

1個目:2時間18分
2個目:4時間35分(2時間17分)

enduroバッテリー1個目|バッテリーチャージャー充電完了時間

GoPro enduroバッテリー2個 バッテリーチャージャー充電1
GoPro enduroバッテリー2個 バッテリーチャージャー充電2

enduroバッテリー2個目|バッテリーチャージャー充電完了時間

GoPro enduroバッテリー2個 バッテリーチャージャー充電3
GoPro enduroバッテリー2個 バッテリーチャージャー充電4

バッテリーチャージャーでenduroバッテリーを充電するときは充電するバッテリーの個数に関係なく1つのバッテリーを約2時間15分でフル充電できることが分かりました。

バッテリーチャージャーに2つのenduroバッテリーを入れても同時に充電することはなく、1つ目のenduroバッテリーが充電を完了してから同じ時間をかけて2つ目のenduroバッテリーを充電します。

マサユキ

実験前はenduroバッテリーを2つ同時に充電すると充電時間が延びる気がしていましたがenduroバッテリーの個数と充電時間に関係ありませんでした。

これからenduroバッテリーを充電するときはバッテリーの個数を気にせずバッテリーチャージャーを使っていきたいと思います。

GoProの青い標準バッテリーとenduroバッテリーの違い

新しく購入したGoProのenduroバッテリーですが元々GoPro HERO9を購入した時にセットで入っていた標準の青いバッテリーとの違いをまとめてみました。

標準バッテリー×enduroバッテリー|バッテリー容量の違い

GoProの青い標準バッテリーとenduroバッテリーのどちらも1720mAhでバッテリー容量は変わりません。

GoPro enduro 標準バッテリー 違い バッテリー容量
引用:Amazon HP

標準バッテリー×enduroバッテリー|撮影時間の違い

GoProの標準バッテリーとenduroバッテリーの撮影時間を比べた表がこちら。

スクロールできます
GoPro 標準バッテリーGoPro enduroバッテリー
バッテリー残量撮影時間10%毎の時間 ※撮影時間10%毎の時間 ※
90%10分53秒10分17分19秒17分
80%22分5秒12分26分21秒9分
70%32分51秒10分35分07秒9分
60%43分24秒11分43分49秒8分
50%53分34秒10分52分09秒9分
40%1時間3分7分1時間8分
30%1時間13分10分1時間8分8分
20%1時間23分10分1時間16分8分
10%1時間32分9分1時間24分8分
0%1時間42分10分1時間33分9分
※10%毎は秒単位切り捨て

いつものように商品についてよく調べずenduroバッテリーも購入。

新しいバッテリーなら撮影時間も長くなると勝手に思い込んでいましたが、実際に比べてみるとGoProの青い標準バッテリーの方が撮影時間が長く何とも言えない気持ちに…

購入後にGoProの公式サイトでenduroバッテリーをチェックすると次のようなことが書かれています。

  • HERO12 BlackやHERO11 Blackでお使いのバッテリーの交換用として便利な、進化した1720mAhリチウムイオンバッテリー
  • HERO10 Blackで使用すれば、GoProの標準バッテリーを使用した場合よりもパフォーマンスが向上
  • HERO10 Blackで使用すると撮影可能時間が40%も延長¹
  • -10°Cに至る低温環境における比較で、GoProの標準バッテリーよりもパフォーマンスが大幅に向上
  • 標準的なGoProバッテリーよりも最大13%高速に充電
  • HERO12とHERO11 Blackに付属
引用:GoPro公式サイト

GoPro HERO9以降のGoProに対応しているenduroバッテリーですが、GoProの公式サイトにはGoPro HERO9の記載は全くなくenduroバッテリーのパフォーマンスを最大限発揮できるのはGoPro HERO10以降のGoProのようです(GoPro HERO11、12ではenduroバッテリーが標準バッテリーになっているようです)

残念ながら私の持っているGoPro HERO9の使用に関する記載はなく、撮影時間の実験でも分かったようにGoPro HERO9でenduroバッテリーを使用しても標準バッテリーに比べて撮影時間の大幅な伸びは期待できないようです(悲)

GoPro HERO9でenduroバッテリーを使用した時に撮影時間が伸びなかったはっきりとした原因は分からず、私が利用しているGoPro HERO9が経年劣化で性能が衰えている?という可能性もあります。詳しいことがわからずスイマセン…

マサユキ

enduroバッテリーの特徴の1つに低温環境の強さがあるようなので寒い地域で撮影する機会があればenduroバッテリーの撮影時間をチェックしたいと思います。

標準バッテリー×enduroバッテリー|充電時間の違い

GoProの標準バッテリーとenduroバッテリーでGoPro本体による充電時間を比べた表がこちら。

GoPro本体での充電時間

スクロールできます
GoPro 標準バッテリーGoPro enduroバッテリー
バッテリー残量充電時間10%毎の時間 ※充電時間10%毎の時間 ※
10%12分15秒12分11分12秒11分
20%26分6秒14分17分36秒6分
30%39分55秒13分25分26秒8分
40%53分44秒14分38分38秒13分
50%1時間7分14分52分11秒14分
60%1時間21分14分1時間5分13分
70%1時間35分14分1時間18分13分
80%1時間56分21分1時間55分37分
90%2時間14分18分2時間11分16分
100%2時間15分1分2時間12分1分
※10%毎は秒単位切り捨て

充電完了までの状況に差はあるものの90%〜100%が1分で急速充電される点や充電完了までに約2時間15分かかる点など、GoPro本体で標準バッテリーとenduroバッテリーを充電する時に大きな差はありませんでした。

バッテリーチャージャーでの充電時間

スクロールできます
GoPro 標準バッテリーGoPro enduroバッテリー
標準バッテリーenduroバッテリー
【1個のみ充電】
1個目2時間30分2時間18分
【2個同時充電】
1個目2時間30分2時間18分
2個目2時間33分2時間17分

バッテリーチャージャーでの充電はenduroバッテリーの方が標準バッテリーに比べて充電完了までの時間が15分程短いことが分かりました。

どちらも1個のバッテリーで充電した時と2個のバッテリーを同時に充電した時の充電時間に変化はなく、充電するバッテリーの個数と充電時間に関係性がないことも分かりました。

【標準バッテリー / enduroバッテリ】
性能比較
  • バッテリー容量:どちらも1720mAhで同じ。
  • 撮影時間:標準バッテリーとenduroバッテリーに撮影時間の大きな差はなく1時間30分〜1時間45分(GoPro HERO9使用時)
  • バッテリー充電時間:
    ・GoPro本体の充電はどちらも2時間15分程でほぼ同じ。
    ・バッテリーチャージャーの充電ではenduroバッテリーが2時間15分程で充電完了し標準バッテリーより15分ほど早い。
    ・どちらのバッテリーもバッテリーチャージャー充電時のバッテリー個数と充電時間に関係性はない。

まとめ

GoProの青い標準バッテリーとの違いも交えながらenduroバッテリーの撮影可能時間や充電時間(GoPro本体/バッテリーチャージャー)を計測した様子を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回の実験で1つのenduroバッテリーが使えるおおよその時間が分かり安心感を得られた一方、GoPro HERO9ではenduroバッテリーの性能を最大限活かすことができないことも分かりました。

enduroバッテリーが強みを活かせる寒冷地での撮影を含め、今後の旅行ではenduroバッテリーをGoProに装着しながら撮影を続けて行こうと思います。

この記事が自分の撮影スタイルに合わせたGoProバッテリーの運用方法を考えるきっかけになれば幸いです。

GoPro enduroバッテリー アイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

マサユキのアバター マサユキ 〜フォトロマ〜

脱サラ後サイト運営で生計を立てながら撮影放浪旅を続ける「フォトロマ」として活動中。現在は47都道府県を車中泊で回る【車中泊で日本一周ひとり旅】へ出発中

目次(クリックでジャンプ)