YouTube

無視もOK?YouTubeで「著作権の申し立て」が出た時の対処法

マサユキ
マサユキ

YouTubeの動画アップ時に制限項目で表示された「著作権の申し立て」

初めて見た制限で無視するのも何となく嫌だったので自分がやった対処法を備忘録として書き残しておきます。

先に結論

動画内の著作権抵触箇所を見つけ修正+動画を再アップ

無視してOK?YouTubeの「著作権申し立て」とは?

いつものようにDaVinci Resolveで作成した動画をYouTubeにアップ。

何気なくスマホでYouTube Studioを確認するとアップした動画に「著作権の申し立て」の表示が。

パソコン画面で確認しても同じように著作権の申し立てが表示されています。

著作権の申し立てについて書かれた内容を確認すると次のように書かれています。

 

著作権の申し立て

著作権の申し立てにより、動画は収益化の対象外となっています。
この措置が誤りであると思われる場合は、詳細を確認のうえ異議申し立てを行ってください。異議申し立てが解決されるまで、収益は別途で保留状態になります。

YouTube 著作権申し立て

著作権の異議申し立ての提出や手続き方法が詳しく書かれた詳細ページを確認しましたが正直かなり面倒で大変そうです…

私のYouTubeチャンネルは登録者数が1,000人以下で収益も特に問題はありませんが何となくエラーを無視するのは気持ち悪くアップした動画を見直すことにしました。



YouTubeで「著作権の申し立て」が出た時の対処法

DaVinci Resolveで作成した動画を見直し著作権に抵触しそうな部分がないか再度チェック。

すると音楽の流れているスタバ店内を撮影した動画があるのを発見。

流れている音楽は洋楽で誰の曲なのか分かりませんが歌詞もはっきり入っており著作権的にも問題がありそうです。

動画内に「店内BGMのため消音」とテキストを入れ動画の音を完全に消去。

その他の部分は修正せず全く同じ動画を新たにYouTubeへアップすると問題は検出されず無事に審査を通過。

著作権の申し立て制限がない状態の動画を無事にアップすることができました。

著作権の申し立てがある動画を削除し全ての修正は完了。

今までもスタバ店内を撮影した動画をアップしていましたが偶然店内の音楽が入っていなかったり曲が判別できるような歌詞や音が入っていないだけだったようです。

マサユキ
マサユキ

これからはもう少し著作権を意識した上で動画をアップしたいと思います。