サイト運営

iPhoneやipadのホーム画面から消えたSafariを復元する方法

iPhone Safari 復元
マサユキ
マサユキ

いつもはブラウザにGoogle Chromeを利用していますが、iPhoneでQRコードを読み込んだ時にサイトへ移動できないことからSafariが利用できない(ホーム画面にない)ことに気づきました。

Safariを消した記憶もなくアプリの検索など色々と試してみましたが、結果的には機能制限を解除することでSafariを復元することができました。

この記事では備忘録も兼ねて、iPhoneやiPadのホーム画面からSafariが消えた時に試した復元方法について紹介しています。

iPadやiPhoneでSafariを利用できずに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

iPhoneやipadのホーム画面からSafariが消えた時に試した復元方法

復元方法1.App Storeで検索

Safari 検索 App Store

まずはApp StoreでSafariを検索してみましたが、似たようなアプリは見つかりましたがSafariの純正アプリは見つかりませんでした。

Safari App Store 検索

復元方法2.検索バーで検索

次にスマホ内の検索バーでSafariを検索してみました。

スマホのホーム画面を左にスクロールすると検索バーが出てきますが、ここでもSafariのアプリは出てきませんでした。

Safari 検索バー



復元方法3.機能制限の解除

Safari 検索 設定

最後にiPhoneの設定からアプリの機能制限を解除しました。

1.「設定ースクリーンタイム」

Safari アプリ 機能制限解除1

2.「コンテンツとプライバシーの制限」

Safari アプリ 機能制限解除2

3.「許可されたApp」

Safari アプリ 機能制限解除3

4.「SafariをON」

Safari アプリ 機能制限解除4

これにより、ホーム画面にSafariが無事に復元されました。

Safari アプリ 機能制限解除5
マサユキ
マサユキ

正直、いつこの機能制限をいじってしまったのか分かりませんが、ひとまずSafariが使えるようになって良かったです。

まとめ

iPhoneやiPadのホーム画面からSafariが消えた時に試した復元方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ホーム画面からSafariが消えた人の全員がこのやり方で問題を解決できるか分かりませんが、ぜひ一度試してみて下さい。

この記事がiPadやiPhoneでSafariを利用できずに悩んでいる人の参考になれば幸いです。